Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー 2015

Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー 2015

「Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー(主催:B-Sports)」のベーシッククラスが、8月8日(土)に岡山国際サーキットにて開催されました。このアカデミーは、車を意のままに気持ちよく操るとともに、安全に走るための理論と技術を身に付ける体験&トレーニングです。より多くのお客さまに、日常では正しく身に付けられない「走る・曲がる・止まる」の基礎訓練を通じて、運転技量や安全運転の意識向上に役立ていただくことを目的に、ニーズやレベルに応じたカリキュラムが用意されています。
講師は専門のインストラクターやプロのドライバーに加えてマツダの開発スタッフも参加させていただいています。アカデミーでは、基礎的な座学と実技の他、マツダのクルマづくりのこだわりを紹介する講座も。ドライビングを基礎から学ぶ 「ベーシッククラス」 と、ベーシッククラスを受講されてステップアップしたい方やスポーツドライビング経験者向けの「アドバンスクラス」の2クラスが設定されています。

  

正司さん

ドライバーのことを
真剣に考えて作られている
アカデミー

所有車:CX-3
正司さん

頭ではわかっていても、
体験することは別物だと実感しました

ディーラーで手にしたパンフレットでアカデミーを知り、基礎的なドライビングポジションなどを改めて知りたいと思い参加しました。普段なんとなく自分で決めていた体勢とは違って、マツダの“人を中心としたクルマづくり”を理論的に理解した上で、開発した方に直接理想的なポジションをレクチャーいただき、納得感と安心感がありました。

正司さん

これで安全にもっとクルマを楽しめる、そう思いました。座学の後に実際に自分のクルマで体験できる今日のカリキュラムは、いくら知識があって頭でわかっていても、体験することは別物なんだと実感できました。特にABSをきかせた急制動は、実際にやってみると難しく、こんなに強く踏み込まなくてはいけないのかと体感できて良かったです。いざという時、0.1秒でも早く瞬時に最大踏力を出すには、今までのドライビングポジションでは出来なかったと思います。

CX-3を購入し、
人生を充実させる項目が一つ増えたと感じています

今まで雑誌などでマツダの方の記事を良く読んでいたのですが、実際会って交流してみてマツダをとても身近に感じました。皆さんクルマに対してすごく情熱を持っていて、ドライバー目線で“人を中心としたクルマづくり”を真剣に考えていることが伝わってきました。このアカデミーも、ドライバーのことを本当に真剣に考えて1日を作ってくれていると感じれて嬉しかったです。“マツダ車に乗ることで更に人生が充実するようなクルマづくりを目指している”と聞き、実際にそうだなと。私にとって、今までクルマは単なる移動手段に過ぎなかったのですが、CX-3を購入してから運転が楽しいと感じるようになり、クルマでよく出かけるようになりました。クルマが趣味になり、人生を充実させる項目が一つ増えたと感じています。

正司さん

正司さん

正司さん

マツダ・ドライビング・アカデミー 2015 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「マツダの人馬一体、我々の思想とも重なります」

カーラインナップ