Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー 2015

Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー 2015

「Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー(主催:B-Sports)」のベーシッククラスが、8月8日(土)に岡山国際サーキットにて開催されました。このアカデミーは、車を意のままに気持ちよく操るとともに、安全に走るための理論と技術を身に付ける体験&トレーニングです。より多くのお客さまに、日常では正しく身に付けられない「走る・曲がる・止まる」の基礎訓練を通じて、運転技量や安全運転の意識向上に役立ていただくことを目的に、ニーズやレベルに応じたカリキュラムが用意されています。
講師は専門のインストラクターやプロのドライバーに加えてマツダの開発スタッフも参加させていただいています。アカデミーでは、基礎的な座学と実技の他、マツダのクルマづくりのこだわりを紹介する講座も。ドライビングを基礎から学ぶ 「ベーシッククラス」 と、ベーシッククラスを受講されてステップアップしたい方やスポーツドライビング経験者向けの「アドバンスクラス」の2クラスが設定されています。

  

村里さん

マツダ車で“走る歓び”を
一人でも多くの方に
感じていただきたいです

所有車:プレマシー
村里さん

安全性能を実際に体感し、理解いただけるカリキュラム

私自身、マツダの販売店で働いており、セールススタッフやエンジニア向けの「人馬一体講座」を担当しています。今日はお客さまと同じ目線で同じレッスンを体験し、改めて安全運転の大切さを一から学ぶ気持ちで、プライベートの時間を使って参加させてもらいました。このアカデミーは、座学だけでは理解できない部分を体感して学べるカリキュラムがあり、お客さまにとって非常に有意義な内容だと感じました。

村里さん

店舗でも理想的なドライビングポジションや、設計・安全性能についてお客さまにお伝えしていますが、ABSを作動させることなど、実際に体感いただくことは難しいため、こういった場をもっと多くのお客さまにご提供したいと感じました。

“人が運転して初めて一つのクルマになる”という言葉

今日のレッスンで心に残ったのが“人が運転して初めて一つのクルマになる”という言葉です。その通りだなと改めて「人馬一体」について考えさせられました。“人が中心のクルマづくり”を構成するマツダ車のデザインや性能、走りの良さをこれからもっと様々な形でお客さまに伝えられるようにしていきたいです。マツダ車で“走る歓び”を一人でも多くの方に感じていただきたいです。

村里さん

村里さん

村里さん

マツダ・ドライビング・アカデミー 2015 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「マツダの人馬一体、我々の思想とも重なります」

カーラインナップ