メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 新世代モデル試乗会 体験レポート

メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
新世代モデル試乗会 体験レポート

筑波サーキットを舞台に開催された「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」。初代モデルの登場から始まったこのイベントも今年で26回目。エントリーするのは、メディア関連の方々で構成されるチームをはじめ、マツダの役員チームも参戦させていただいております。さらに今年は、ロードスターのレースカーとしてのデビューや、メーカーの枠組みを超えた自動車メーカー6社の連合チームも初参戦するなど、例年以上の盛り上がりを見せた大会に。レースへ臨むメンバーの真剣な眼差しや、仲間と喜びを共有する笑顔、そして勝負の行方を楽しむ観客の皆さま。大人から子どもまで、みんなでクルマを思い切り楽しむ1日となりました。また、会場内ではマツダ新世代モデルの体験試乗会も実施。多くのお客様に新しいマツダの走りを体感していただきました。

開催日:2015年9月5日

  

本田さん親子

優れた操作性を追求した
走りが楽しくなるクルマ。

所有車:ポルシェ 911 GT3、フォルクスワーゲン ポロ
本田さん親子

自動車関連メーカーの開発職にお勤めという、ポルシェ911にお乗りの本田さん。
将来はレーサーになりたいと語る息子さんとともに、マツダのクルマに試乗してみようと足を運んでくださいました。

運転のしやすさを徹底的に追求している。
その強いこだわりは随所に感じます。

きっと同じ設計思想なんだなと直感でわかりました。911もオルガン式アクセルペダルですが、操作のしやすさは試乗したロードスターのほうが上かもしれない。乗り心地も、911は走るぞってスイッチを入れて乗る感じですが、ロードスターは普段の自分のままで気持ちよく走れる。レーシングスーツか、Tシャツか、みたいな違いですかね。どちらも好きですけどね」(お父様)。

「運転姿勢の講習ですが、街中でもやたら前屈みだったり、ふんぞり返っていたり、姿勢が不自然な人って見ますよね。メーカーからこういう働きかけをするのは、安全のためにもすごくいいことだと思います。CX-3に試乗したんですが、座って足を伸ばしたらそこにブレーキがあって。そこを支点にペダルの切り替えも自然にできて。ペダル配置は相当考えられているなって思いました。以前、デミオやアクセラにも試乗したんですが、パネルの配置やシートの感触などに同じ印象があって。

運転のしやすさを徹底的に追求している。その強いこだわりは随所に感じます。

乗る人を第一に考えたクルマづくり。
だからこそ、この優れた操作性が生まれる。

「ドライビングポジションもそうですが、人間中心に物事を考えているからこそ、こんなに操作しやすいクルマができるんでしょうね。ロードスターに乗っても、CX-3に乗っても、そこには違和感がなく、一本筋が通っているのを感じました。例えば、ハンドルを切ったら切ったぶんだけ曲がる。戻せばきれいに戻る。アクセルも同様で、すごく運転しやすかったです。会社都合でクルマをつくるのではなく、乗る人を第一に考えてクルマをつくる。そんな自動車メーカーって、日本ではあまりないんじゃないですかね。うちのファミリーカーのポロが、ちょうど買い替えを考えているところで。マツダのクルマ、やっぱりいいなって(笑)。ちょっと悩んでいます。メイド・イン・ジャパンでそういうクルマが出てきたということが、なんかうれしくて。とても誇らしく感じますね」(お父様)。

乗る人を第一に考えたクルマづくり。だからこそ、この優れた操作性が生まれる。

乗る人を第一に考えたクルマづくり。だからこそ、この優れた操作性が生まれる。

乗る人を第一に考えたクルマづくり。だからこそ、この優れた操作性が生まれる。

メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 新世代モデル試乗会 体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

本当に共感できる者同士の幸福なコラボレーション

カーラインナップ