メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 新世代モデル試乗会 体験レポート

メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
新世代モデル試乗会 体験レポート

筑波サーキットを舞台に開催された「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」。初代モデルの登場から始まったこのイベントも今年で26回目。エントリーするのは、メディア関連の方々で構成されるチームをはじめ、マツダの役員チームも参戦させていただいております。さらに今年は、ロードスターのレースカーとしてのデビューや、メーカーの枠組みを超えた自動車メーカー6社の連合チームも初参戦するなど、例年以上の盛り上がりを見せた大会に。レースへ臨むメンバーの真剣な眼差しや、仲間と喜びを共有する笑顔、そして勝負の行方を楽しむ観客の皆さま。大人から子どもまで、みんなでクルマを思い切り楽しむ1日となりました。また、会場内ではマツダ新世代モデルの体験試乗会も実施。多くのお客様に新しいマツダの走りを体感していただきました。

開催日:2015年9月5日

  

橋本さん

乗り心地にこだわりを注いだクルマづくりを実感。

所有車:CX-5
橋本さん

2013年式のCX-5をご所有の橋本さん。ビッグチェンジで新しくなったCX-5やデミオに乗ってみたいと参加してくださいました。
参加者それぞれに合ったドライビングポジションのレクチャーにも興味津々だったそうです。

理想の運転姿勢はリラックスした体勢。
腰や足への負担も和らぐ気がします。

「普段、クルマ通勤なんですが、往復40kmぐらい走るので少し腰痛気味で。だから今日は、ドライビングポジションのレクチャーを楽しみにしていました。実際にやってみると足と腰への負担が和らぐ感じがしました。必然的にリラックスできるというか。自分のクルマでもぜひ試してみたいと思います。このようにマツダはドライビングポジションからクルマづくりを考えていると聞いて、そこまで乗り心地を追求しているのかと正直驚きました。

理想の運転姿勢はリラックスした体勢。腰や足への負担も和らぐ気がします。

今日乗った2台も、確かに乗り心地はいいと感じました。あとマツダ車は、クルマの大きさに関わらず取り回しがいいですよね。うちのCX-5も、大きいわりにはハンドリングは軽快なんです。スポーティな運転ができるというのは、デミオもCX-5も一緒かもしれませんね」。

短いスパンでクルマがどんどん進化する。
クルマづくりへの強い意志を感じます。

「新しいCX-5に乗って驚いたのが、内装が自分のとはかなり変わっていたことです。わりと短いスパンでどんどん進化させていることがすごいなって思いました。そういうのって、クルマづくりに対する強い意志みたいなものを感じますね。ドライビングポジションとか、人馬一体とか、そういう会社の思想がまず軸としてあって、それをもとにそれぞれの車種を開発している。だから全体に関わる技術が進化すれば、すべての車種が進化するということなんでしょうね。じつはCX-5に乗り始めて、クルマがさらに好きになったんです。休みに遠出のドライブに出かけることも増えましたし、毎日の片道20kmの通勤も楽しいんですよ。今ではCX-5は、自分にとっての相棒みたいな存在になっていますね」。

短いスパンでクルマがどんどん進化する。クルマづくりへの強い意志を感じます。

短いスパンでクルマがどんどん進化する。クルマづくりへの強い意志を感じます。

短いスパンでクルマがどんどん進化する。クルマづくりへの強い意志を感じます。短いスパンでクルマがどんどん進化する。クルマづくりへの強い意志を感じます。

メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 新世代モデル試乗会 体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

本当に共感できる者同士の幸福なコラボレーション

カーラインナップ