メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 新世代モデル試乗会 体験レポート

メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
新世代モデル試乗会 体験レポート

筑波サーキットを舞台に開催された「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」。初代モデルの登場から始まったこのイベントも今年で26回目。エントリーするのは、メディア関連の方々で構成されるチームをはじめ、マツダの役員チームも参戦させていただいております。さらに今年は、ロードスターのレースカーとしてのデビューや、メーカーの枠組みを超えた自動車メーカー6社の連合チームも初参戦するなど、例年以上の盛り上がりを見せた大会に。レースへ臨むメンバーの真剣な眼差しや、仲間と喜びを共有する笑顔、そして勝負の行方を楽しむ観客の皆さま。大人から子どもまで、みんなでクルマを思い切り楽しむ1日となりました。また、会場内ではマツダ新世代モデルの体験試乗会も実施。多くのお客様に新しいマツダの走りを体感していただきました。

開催日:2015年9月5日

  

中島さん 成田さん

クルマ好きを夢中にさせる
魅力あふれる存在。

所有車:スズキ パレット SW、トヨタ エスティマ
中島さん

所有車:フォルクスワーゲン ゴルフ
成田さん

新型ロードスターの購入を検討中の中島さんと、以前アクセラに興味をもたれていたというゴルフユーザーの成田さん。
じつは親戚同士というお二人。それぞれ4台ずつほど試乗され、今日のイベントを存分に楽しんでいらっしゃいました。

マツダ車はペダルの配置がいい。
体がねじれないから運転もしやすい。

「先日ロードスターのイベントに参加して、ドライビングポジションの講習は受けたんです。後日試そうとしたら、自分のクルマのペダル配置が自然な位置からずれていて。やっぱり違うもんだなって思いました。今日は4車種ほど試乗しましたが、あらためてマツダ車はペダルの配置がいいですね。アクセルとフットレストの真ん中に自分がいる感じ。体に変なねじれが出ないので、運転しやすかったです」(中島さん)。

マツダ車はペダルの配置がいい。体がねじれないから運転もしやすい。

「運転姿勢のレクチャーを受けたら、体が安定するというか、ペダルの踏みやすさが上がりましたね。操作しやすくなったと思います。なんとなく“マッサージチェアに座った感じ”がありました(笑)。足がまっすぐ伸びるし、シートの質感もいい。気持ちよく運転できそうな気がします」(成田さん)。

デザインだけとか、走りだけとかじゃない。
マツダ車は、クルマ全体が魅力的。

「先ほど開発者の方と話したのですが、すごくフレンドリーですね。ユーザーとの距離の近さを感じます。マツダは、デザインはどんどん洗練されていくのに、人はいい意味で素朴なままというか(笑)。“魂動デザイン”を打ち出してクルマに統一感が生まれてから、会社にもひとつの方向性や一体感みたいなものができましたよね。すごくいいと思います」(中島さん)。
「最近のマツダは商品力が上がったなって思いますね。デザインだけとか、走りだけとかじゃなく、クルマ全体が魅力的なんです。ブランド力も上がってきて、海外のプレミアムブランドに近づいているような感じがします。売上も上がっていると聞いてますし(笑)、開発にお金を回して、唯一無二なクルマをどんどんつくってほしいと思います」(成田さん)。

デザインだけとか、走りだけとかじゃない。マツダ車は、クルマ全体が魅力的。

デザインだけとか、走りだけとかじゃない。マツダ車は、クルマ全体が魅力的。

デザインだけとか、走りだけとかじゃない。マツダ車は、クルマ全体が魅力的。

メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 新世代モデル試乗会 体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

本当に共感できる者同士の幸福なコラボレーション

カーラインナップ