「みんモー with ROADSTER」ターンパイク箱根 体験レポート

「みんモー with ROADSTER」
ターンパイク箱根 体験レポート

J-WAVEの人気ナビゲーターであり、大のクルマ好きとしても知られるピストン西沢さんが主催する「みんなのモーターショー」。
今回は発売されたばかりのロードスターをテーマに、マツダ開発陣を交えたトークショーやプロドライバーによる同乗走行体験など、さまざまなイベントが繰り広げられました。トークショーでは、ピストン西沢さんと開発陣との軽妙なやりとりに会場は爆笑の連続。
ロードスター開発にまつわる多くの秘密やウラ話が披露され、集まったファンの方々を大いに沸かせました。

  

鈴木さん

スポーツカーの走りの
魅力に目覚めそう

所有車:フォルクスワーゲン ビートル
鈴木さん

現在、育児休暇中の鈴木さんは、ピストン西沢さんの番組が大好きという熱心なリスナーの方です。今日たまたまイベントがあることを知り、お子さんを旦那さんに預け、愛車のビートルで颯爽と駆けつけました。

開発者の方は、おしゃべりも上手。
すごく親近感を覚えました。

「今日はクルマというより、ピストンさんに会いにきました(笑)。トークショー、楽しかったです。マツダの方っておもしろいんですね。会議では議論が白熱するとガラの悪い広島弁が飛び交うとか(笑)。そこまで熱くなるの?って。逆に親近感がわきました。

鈴木さん

女性はわりとそうだと思うんですが、正直クルマの性能にはそこまで興味はなくて。内輪話というか、そういう話がすごく楽しかったです。でも、トークショーでゲストの女性が言っていた『ブレーキを踏むと、両腕で抱きしめられるように止まる』という話は気になりました。ロードスターはデザインがすごくいいですね。私、じつは国産車はあまり意識してなかったんですけど、ロードスターは“あり”だと思います。これから試乗なので、走るとどんな感じなのかすごく楽しみです」。

車高の低いクルマって走りが気持ちいい!
試乗してはじめてわかりました。

鈴木さん

(試乗後、再びお話をうかがいました)「乗ってきました! あっという間でしたね。自分のクルマより車高が全然低くて、それが気持ちよかった。路面をスーっと滑らかに走っていく感じがすごくよくって。低いほうが走りが楽しいんだってわかりましたね。

そこまで速くなかったんで、カーブの曲がり方とかは普通だったかな。そこは自分で運転しないとわからないですね。あと、頼んで強めにブレーキをかけてもらいました。例のグッと抱き留められる感じ(笑)。確かにそうだって思いましたよ。最後は幌の出し入れもやって。あんなに簡単だとは思わなかったです。試乗の後、すぐに夫に連絡しました。『ロードスター、すごくいいんだけど!』って(笑)。『赤がいいな』とか(笑)。次はディーラーで試乗してみたくなりました」。

みんモー with ROADSTER 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

なによりも安全であること。それが、「走る歓び」の基本

一緒に成長していきたい、同年代の“恋人”

カーラインナップ