三次試験場50周年マツダファンミーティング 体験レポート

三次試験場50周年マツダファンミーティング 体験レポート

広島県にあるマツダの三次自動車試験場が、開業50周年を迎えることをお祝いしようと、ファンの方をはじめとする実行委員会の皆様が企画してくださった今回のミーティング。ご来場いただいたクルマは、北海道から沖縄まで、なんと1,000台以上! 実行委員の皆様と一緒に、大切にお乗りいただくオーナー様を「おかえりなさい」とお出迎えし、「いってらっしゃい」とお見送りさせていただけました。
会場では、歴代マツダ車から最新モデルまでが展示されたほか、試験場ならではのアトラクション、クルマづくりのこだわりをご紹介するブース展示も。マツダの技術を磨き、育んできた地の記念すべき年を、たくさんのファンや地域の方々と一緒にお祝いできました。

  

三次試験場50周年マツダファンミーティング参加者 廣藤さん

クルマは道具じゃなくて、
一緒に走りたくなる存在。

廣藤さん

RX-7を一目見て恋に落ち、購入予定なのだと笑顔で語る廣藤さん。高速走行体験からロータリーエンジン組み立てまで、さまざまな体験コーナーに参加されたそうです。

人馬一体という言葉が、
私の心にダイレクトに響きました。

「10数年前にRX-7のフォルムに一目惚れして、それからマツダに興味を持ったんですよ。今回は知り合いに三次試験場の50周年イベントがあると聞いて参加しました。小学生の頃にマツダの工場へ社会科見学に行ったこともあるんですが、もう記憶がおぼろげなので、今回、試験場内見学バスツアーやマツダを知るいろんなイベントに参加できてよかったです。プロの方が運転する高速走行体験では180kmで周回路を走行するクルマの助手席に乗ったんですが、スピードが出ているのに、体が全然揺れることがなく安定感を感じましたね。

人馬一体という言葉が、私の心にダイレクトに響きました。

人馬一体アカデミーも分かりやすかったです。元々私の中ではクルマは道具という位置づけではなく、相棒に近い、一緒にどこまでも走りたいと思う存在なので、なによりも『人馬一体』という言葉がすごくしっくりきました」。

イベントを通じて、
開発の人と気軽に話ができるのがうれしい。

人馬一体という言葉が、私の心にダイレクトに響きました。

「会場内に並んでいる歴代のマツダ車も見て回ったんですが、全体的に格好いいなあと思いましたね。今のラインナップである魂動デザインも、近未来的でスタイリッシュな印象です。ソウルレッドはワインレッドより少し明るくて、上品な美しさにとても惹かれます。 特製キーホルダーづくり体験での研磨作業はネイルアートなど普段の仕事と通じる得意な作業でしたし、ロータリーエンジンの組み立て工作では開発の人に『上手だねえ!』って言っていただきました(笑)。

こうやっていろんなイベントを通じて開発者の人と直接触れ合えるのは、とてもうれしいですね。今日のイベントもみんなマツダが好きで、一緒にお祝いしよう!という雰囲気がとても素敵だと思います。次のイベントは、RX-7に乗って参加したいです!」。

人馬一体という言葉が、私の心にダイレクトに響きました。

人馬一体という言葉が、私の心にダイレクトに響きました。

三次試験場50周年マツダファンミーティング 体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ