NAGOYA MOTOR SHOW 2015 体験レポート

「NAGOYA  MOTOR SHOW  2015」体験レポート

全国5会場での地方モーターショー。初回となった名古屋会場は、連日多くのお客様で賑わいました。フルラインナップした新世代商品のソウルレッドで彩ったマツダスタンドでは、チーフデザイナーと開発エンジニアによるトークショーや、社員が務める説明員とのコミュニケーションなど、マツダが目指す「人とひとつになれるクルマづくり」をお伝えさせていただきました。
ご来場者様から寄せられた、「新しいマツダ」への声をご紹介します。

  

クルマづくりにかける
想いや情熱が
伝わってきました。

高田さん

NAGOYA MOTOR SHOW 2015 参加者 高田さん

「トークショーを聞いて、クルマづくりにかける想いや情熱が伝わってきて、やっぱりCX-5欲しいなって。『人馬一体』という言葉が印象に残っています。(実際に運転席に座りながら)体に正対しているのがよく分かって、着座位置にも工夫があるんですね。他メーカーだけど自分のクルマとの違いがよく分かります」。
「マツダのファンも増えてきていますね。走りもデザインも今まで以上に期待しています」。

  

NAGOYA MOTOR SHOW 2015 参加者 竹内さん

大好きなソウルレッドを
目の当たりにして。

竹内さん

「スタンド全体で赤が効いていて、カッコいい。ソウルレッドが大好きなんです」。
「マツダのデザインはスタイリッシュですね。マツダ車のフェイスは統一されていると思うんですけど、なかでもCX-3はお気に入りです」。

  

  

オーナーさんの声も
交えた説明が
分かりやすい。

前田さん

NAGOYA MOTOR SHOW 2015 参加者 前田さん

「説明員の方は、オーナーさんの声も交えながら話してくれたので、分かりやすかったです。
例えば、馴染みのある道路を実際に走った方が、『その道路は横風が強くて他のクルマだと揺れが気になるんだけど、CX-5は安定していた』ということだったり」。
「山が多い地域に住んでいるので、雪道でスリップしないように走れるようにしている工夫とか、そういう面も個人的には気になりますね」。

  

NAGOYA MOTOR SHOW 2015 参加者 田代さん

マツダの自信を
感じました。

田代さん

「今もNB型ロードスターに乗っています。新しいモデルにも座ってみたけど、乗り心地も良くてかっこいいですね」。 「エンジンが展示してあったり、マツダはここに自信があるんだなというのが伝わってきました。これからも走りにこだわる点など、他にはない部分を期待しています」。

  

素敵な色とフォルムを
初めて見て。

片倉さん

NAGOYA MOTOR SHOW 2015 参加者 片倉さん

「赤で統一されたスタンドは、一目見てマツダだと分かりやすいですね。この色を初めて目の当たりにしましたが、思っていた以上に綺麗でしたし、フォルムも欧州車っぽさがありますね」。
「特にアテンザのフォルムが素敵だよね」。

  

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

ポジションを調整するだけで、すごく乗りやすくなるんですね。

カーラインナップ