MAZDA FAN FESTA 2015 in OKAYAMA 体験レポート

MAZDA FAN FESTA 2015 in OKAYAMA
体験レポート

約4,800名の方々がご来場された、年に一度のマツダファンの祭典! プログラムは、恒例となったレジェンドカーのデモランやパレードランに加え、マツダのエンジニアが講師を務める、人馬一体やエンジンの「モノ造り講座」など盛りだくさん。また、ミニコースでは、地元販売会社さんによる試乗会も。
長らくマツダを支えてくださるファンの皆様から、最近興味をお持ちいただいた方まで、みんなで絆を分かち合う熱い1日となりました。

  

セールススタッフ 宮地 勇太

マツダ独自のクルマづくり思想をたくさんの方へお伝えしたい。

岡山マツダスタッフ
宮地 勇太

自分の運転をイメージしていただくことで、
クルマの良さを真に実感していただけた。

「以前、お客様にクルマの良さを充分に伝えきれなかったのでは、と感じることがありました。今日の試乗会では、助手席に同乗して『コーナーでは、線にそって曲がってみてください』など、イメージを持って運転していただけるようにお声がけすることを意識しました。思い通りにクルマが応えてくれる感覚をお客様に実感いただけたと思います。日常の中でこそクルマを意のままに操れる、“人馬一体”の走りを理解していただけたという手応えを感じることができ、自信につながりました。

自分の運転をイメージしていただくことで、クルマの良さを真に実感していただけた。

また、今日は昔からのマツダファンの皆さまともお話をする機会が多かったのですが、新しいんだけど長年ご愛用いただくお客様にも認めていただける、そんなクルマを作っていることもマツダの強みなんだと実感できました」。

輸入車購入を検討される方など、
お客様の幅が広がりました。

輸入車購入を検討される方など、お客様の幅が広がりました。

「現在、入社2年目なのですが、最近はおかげさまでお客様が増えてきたと同時に、来店される方の幅も広がってきているなと感じています。新世代商品のラインナップがそろって、マツダ車と一緒にフォルクスワーゲン、BMW、ベンツをはじめとする輸入車もご検討されている方が増えていると思います。現在の商品は、欧州車にも引けを取らないデザインで、街中で見かけても存在感があると思うんです。

それに加えてドライビングポジション、人馬一体というマツダ独自の思想をわかりやすくお伝えしていきたいですね。今日のイベントで得られたことをしっかりと今後につなげていきます」。

輸入車購入を検討される方など、お客様の幅が広がりました。

輸入車購入を検討される方など、お客様の幅が広がりました。

MAZDA FAN FESTA 2015 in OKAYAMA 体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ