「OSAKA MOTOR SHOW 2015」体験レポート 2015.12.4(Fri.)~12.7(Mon.) 会場:インテックス大阪

「OSAKA MOTOR SHOW 2015」体験レポート

全国5会場での地方モーターショーのひとつ、大阪モーターショーが、名古屋に続き開催されました。今回の会場でも、新世代店舗のコンセプトを取り入れたスタンドに、ソウルレッドで彩られた最新のマツダ車ラインナップを展示。開発陣によるトークショーや社員が務める説明員とのコミュニケーションを通じて、ご来場者の皆様にマツダの目指す「人とひとつになれるクルマづくり」をお届けしました。トークショーや説明員とのコミュニケーションを通じて感じられたお客様の声をご紹介します。

  

大阪モーターショー参加者 笹山さん

マツダの方にお話を聞いたら、ドライブに行きたくなりました。

所有車:ホンダ ステップワゴン(実家の車)
笹山さん

広島で生まれ育ち、大阪で大学生活を送る笹山さん。魂動デザインとソウルレッドがお気に入りで、大学を卒業したらマツダ車を買いたいと夢を語ってくださいました。

マツダのクルマはカッコいい!
以前のイメージとは全然違います。

「実家は広島空港の近くで、マツダの地元なんですけど、以前のマツダは印象が薄かったんです。銀行のクルマか営業車か、みたいな。でも、何年か前にカー・オブ・ザ・イヤーを受賞したころから急に目立つ存在、気になる存在になってきて、私も大学を卒業したら絶対にマツダに乗るんだと決めてます。あの赤は本当にキレイで憧れですし、後ろ姿がとにかくカッコいいんですよ。シュッとしててスピード感があって、ヨーロッパのクルマみたいです。日本のメーカーの中では、頭ひとつ抜けてますよね。

マツダのクルマはカッコいい!以前のイメージとは全然違います。

今日は、会場で他のメーカーの高級車にもいろいろ乗ってみたんですけど、その後マツダのブースに来てみたら、やっぱりマツダは違う!と思えましたね。とくにシートは肌ざわりがよくて温かみがあって、身体が包み込まれるようで居心地がよかったです。クルマに詳しくない私でも仕上げの良さが感じられました」。

ポジションを調整するだけでこんなに周りが見やすくなるんですね!

ポジションを調整するだけでこんなに周りが見やすくなるんですね!

「実家の周りは狭い農道や曲がりくねった山道が多く、運転していて怖いんです。私は身長が低いから、クルマの四隅が分かりにくくても仕方ないかなと思っていたんですけど、ドライビングポジションのレクチャーを受けてみて驚きました。シートやハンドルの位置を自分に合わせると見え方が全然違う。本当に感動しましたね。マツダの方の説明も分かりやすかったですし、オルガンペダルを踏んでみたら、たしかに疲れにくそう。細かいところまで気を配って作られてるって分かりました。

実際にお話をするまでは、マツダはカッコいいというイメージしかなかったんですけど、いまは楽しくドライブできそう、苦手な車庫入れも安心してできそうだなといろいろなイメージが湧いてきました。直接お話ができるといろいろなことが分かりますよね。機会があったらまたいろいろ聞いてみたいです」。

ポジションを調整するだけでこんなに周りが見やすくなるんですね!

ポジションを調整するだけでこんなに周りが見やすくなるんですね!

「OSAKA MOTOR SHOW 2015」体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

マツダのこだわりを感じました

カーラインナップ