ロードスター RF 開発物語 Vol.1

部門の垣根を越え、
開発と生産の共創が生んだ理想の1台。
「ロードスター RF」

“だれもが、しあわせになる”。初代から大切に育み続けてきたロードスターの魂を受け継ぎ、ロードスター RFは開発されました。
意のままにクルマを走らせる歓びをあらゆる人に感じてもらいたいと願い、完成させたロードスター RFの開発の物語をご紹介します。

1枚の理想のスケッチに突きつけられた大きな壁。

2013年中旬、4代目ロードスターの開発は、ソフトトップモデルにおいて細部の煮詰めに入り、その姿は真の美しさを純粋に求めた線と面でコンパクトに形づくられていました。そこには、ソフトトップよりもずっとかさばるリトラクタブルハードトップの格納を見越したデザインは採られていませんでした。

同じ頃、ソフトトップモデル開発の進捗を受けていよいよ本格的にスタートしたリトラクタブルハードトップモデル=ロードスター RFの開発陣は、いくつもの領域に分業された開発現場を互いに行き来する日々を送っていました。

印象的に焼きついた1枚のスケッチ

彼らの脳裏には、印象的に焼きついた1枚のスケッチがありました。赤と青のペンで描かれた、やがて生まれ来るロードスター RFの姿。

ファストバックスタイル、すなわち、ルーフからリアエンドへなだらかに流れるラインが魅せる美しく印象的なデザインは、このクルマのあるべき理想を適える解として、すんなりと開発陣の腹に落ちました。

ドライビングのすべてを手の内に抱くことができる軽量でコンパクトなボディサイズ、“人馬一体”を生み出す理想的なホイールベース、そして2人の笑顔がどこまでも遠くへ走り続けることを可能にする荷室容量。

スケッチに描かれたその姿は、ロードスターがロードスターであり続けるために守り続けてきたこの3つの志を保ちながら、リトラクタブルハードトップという新たな価値を纏う1台だったのです。

リトラクタブルハードトップを纏う1台

けれどもそれは、想像を絶する技術的な難しさとなって、自らの行く先に高いハードルを課すものでもありました。脳裏に焼きついたままのロードスター RFを何としても実現する。そのためには、いくつにも分業された開発領域の垣根を越えて、1つの目標に向かって力を合わせるしかない。開発に携わる各人の足は、関係するあらゆる領域の研究室に自然に向かっていたのです。

ロードスター RFが創造する新しい価値の実現を目指して。

ロードスター史上初となるファストバックスタイルは、はたして大空と風を感じるドライビングを可能にするのだろうか。うずたかく積み上げられた課題を、1つまた1つと検証し、解決するための日々が続きました。

リトラクタブルハードトップとデザインの融合

なかでも、リトラクタブルハードトップとファストバックスタイルの融合は、実現不可能かと思われるほどの難しい作業になりました。鼻先からフロントフェンダーの峰を駆けぬけ、ドライバーの肩越しを流れてテールへ解き放たれる光束が美しい印象的なラインは、ソフトトップモデルで世界を魅了した現行ロードスターの象徴です。

一方、ハードトップを構成する複数のパートを滑らかにシンクロさせながら、あっという間に格納するための機構は複雑さを極めます。それらの機構をすべて、コンパクトなロードスターのボディの中に収めなければなりません。メカニズムの設計を担当するエンジニアは、物理的な制約が尋常でないことをデザイナーに説明していました。もちろんデザイナーもそのことは重々承知していました。

デザインスタジオに置かれたロードスター RFのモックアップを見つめるデザイナーとエンジニアは、それぞれの領域での妥協を求める応酬ではなく、ただただ目の前にあるこの1台を創り出し、世界中でこのクルマを待ち焦がれる人たちへ届けるため、共創してゆこうと確認し合ったのです。

世界中でこのクルマを待ち焦がれる人たちへ届けるため、共創してゆこうと確認し合ったのです。

さらに過酷さを増した開発の日々が続きました。リトラクタブルハードトップのためのギアとルーフを支えるリンケージ、そして電気モーターは、機構全体の幅を徹底的に抑えるために何度もレイアウトが見直され、部品同士のすき間も極限まで詰められました。その間、デジタルデザイナーがコンピュータ上に、動くクレーモデルのような試作車として再現し、ルーフの分割割合やリンケージの仕様ごとに異なる何パターンもの開閉動作の様子を検証し続けました。乗員への干渉なく、外観だけでなく、開閉の動作まで美しく……。その結果、今まで見たこともないような薄幅の開閉機構が完成し、まるで指先の動きまで華麗な一流のフィギュアスケーターの舞のように開閉するリトラクタブルハードトップが生まれたのです。

一流のフィギュアスケーターの舞のように開閉するリトラクタブルハードトップが生まれたのです

異なる何パターンもの開閉動作の様子を検証し続けました

生産ラインも共に創りあげた心づくしの1台で
世界を笑顔に。

開発現場には生産ラインを構築するエンジニアたちの姿もありました。生産エンジニアが開発に関わることは一般にはないことです。彼らは、開発の進捗をただ待つだけではなく、自ら積極的にデザインルームや開発現場に足を運び、製造のフィールドから提案できる最新のノウハウを届けたのです。もちろん、デザイナーや開発エンジニアたちも、そんな彼らの声を歓迎しました。

生産ラインも共に創りあげた心づくしの1台で 世界を笑顔に。

その結果、複雑な機構と美しいデザインを兼ね備えた1台を、高品質で手ごろな価格と共にお届けするための製造ノウハウも徹底的に磨きあげられました。

共存は不可能と思われた事柄を高い次元で実現するロードスター RFは、このクルマの本質を見据え貫いた高い志と、1つの目標に向かってそれぞれの分野を越えて知恵を出し合う共創の力が生み出した1台なのです。

* サイト内に登場するロードスター RFは海外仕様車になります。一部の仕様が日本仕様車と異なりますので予めご了承ください。


ロードスター RF 開発物語 関連記事

  

ロードスター RF 詳細情報

  

おすすめ

マニフェスト

MX-5 RF 日本初の一般公開 AUTOMOBILE COUNCIL 2016 体験レポート

品格のある雰囲気がいい。 RFは大人のためのクルマ。

ロードスターが日本でも、世界でも認められました/カー・オブ・ザ・イヤーダブル受賞特設サイト

ロードスターをつくること。 それはお客様の笑顔をつくるということ。

カーラインナップ