「Be a driver. Experience at Roppongi」
 体験レポート

7月23日、東京の六本木ヒルズにて「Be a driver. Experience at Roppongi」が開催されました。休日を楽しむ人々が行き交う六本木通り沿いには、新色「マシーングレー」をまとった新型アクセラをはじめ、ソウルレッドのデミオ、CX-3、ロードスターを展示。また、事前に応募いただいたお客様をお招きした「開発者トークセッション」では、魂動デザインのクルマづくりや、マシーングレーやソウルレッドの開発者がカラーに対する想い、「匠塗(たくみぬり)」という技術についてご紹介しました。参加者の方々と「クルマのデザインやカラーへの想い、考え方」について語り合う1日となりました。

開催日:2016年7月23日

  

美しい形と色の向こうに、生き物の骨格を感じます。

所有車:デミオ
菊地さんご兄弟(左:お兄さん、右:弟さん)

カラーも造形の一部という言葉にハッとしました。
色と光と影が、魂動デザインを造っているのですね。

「今乗っているデミオは、私にとって3台目のデミオです。このような考えで設計しているからこうなりました、という開発者のメッセージが色濃く感じられるところが好きなんです。ボディカラーは白(スノーフレイクホワイトパールマイカ)。ソウルレッドとどちらにしようか悩んだのですが、どんな天候でも光を受けると明るく映えてくれるところが好きです。気分まで明るくなる気がしますし、ベタッとした白ではなく、深みのある白なんです。フロントグリルの赤いラインともよく似合っています。ソウルレッドやマシーングレーだけでなく、白も素晴らしい色ですよね。

開発者の方のお話を聞いてハッとしたのは、“カラーも造形の一部”という言葉です。今日までまったく思いつきもしませんでした。そういえば、アクセラのマシーングレーは、ボディサイドのうねるような造形を受けて光と影が調和し、すごくシャープで奥行きを感じさせてくれます。マシーングレーでなければ、たしかにこの美しさは出せないかもしれませんね」。(兄)

匠塗で塗られた色は、ただ単にピカピカと輝くだけではなく、グラデーションや奥行きを楽しませてくれるんです。

「魂動デザインになってからのマツダは、シャープで引き締まっていて、本当に格好いいと思います。美しいカラーで彩られたボディに、流れる光が柔らかくつながっていく。周りの景色をクルマが映し込んで身にまとい、走るとその風景が躍動して、ダイナミックな表現を見せてくれる。だから、走っているクルマの姿が本当に美しい。ただ単純にピカピカ輝くのではなく、深みを楽しませてくれるんですよね。建物や自然などの映り込みが多い日本の風景に、本当によく似合っています」。(弟)

「マシーングレーやソウルレッドは、グラデーションが素晴らしいんです。これは他のクルマにない魅力だと思います。また、色に奥行きがあるからでしょうか、表面的な美しさだけでなく、その中にある骨格もイメージさせてくれるんです。僕が運転するデミオを見て、周りの人が目を奪われているんだと思うと、乗っている自分まで楽しくなってきますよね」。(兄)


「Be a driver. Experience at Roppongi」体験レポート 関連記事

おすすめ

もっともっと、人とひとつになるクルマを。マツダのクルマづくり

生命感をカタチにする、“魂動”。This is Mazda Design

マツダが誇る” 匠の技” 狙った色を吹きつける数値化できない絶妙な勘

マツダが誇る” 匠の技” 色と素材で、デザインに“質感”を与える

MAZDA DESIGN TALK SESSION / Be a driver. Experience体験ムービー

カーラインナップ