Be a driver. Experience at Roppongi「AXELA DAY」 体験レポート

Be a driver. Experience at Roppongi
「AXELA DAY」体験レポート

東京・六本木ヒルズにて、マツダ開発陣によるプレゼンテーションや運転姿勢のレクチャー、さらに同乗試乗などが体感できる「Be a driver. Experience at Roppongi」が開催されました。「AXELA DAY」と題した今回は、アクセラの個性豊かな開発メンバーの面々が集結。絶妙な掛け合いを交えながら開発の狙いやエピソードなどを紹介しました。プログラムの合間には開発メンバーがお客様と積極的に交流し、担当分野のウラ話を披露したり、デザインスケッチをプレゼントするなど、笑顔にあふれた楽しいイベントになりました。

  

石塚さん・保坂さん

マツダのクルマづくりは
驚きにあふれている。

所有車:トヨタ エスティマ
石塚さん・保坂さん

兄弟が親元を離れたことを機に、ご両親へのプレゼントとしてアクセラを検討中だという石塚さん。
初めて知ったマツダのクルマづくりへの徹底したこだわりに、とても驚いたそうです。

毎日気軽に乗れて、たまに旅行にも行ける。
両親にちょうどいいサイズ感ですね。

「マツダはデザインがいいですよね。やっぱりフロントグリルが印象的で、他社でもフロントグリルを大きくしているのはありますが、どれもデザイン的にはあまり好みではありません。アクセラは、サイズ感がちょうどいいなと思って。父と母が毎日気軽に乗れて、たまに二人で旅行にも行けるような、そんな感じの使い方に最適だと思います。あと、シートポジションにまでこだわってつくっているところがいいですね。リラックスできる運転姿勢がとれるように、理想的なシート配置を考えて設計されているのはすごく好印象です。親も定年近くになって、腰が痛いなんてたまに言ってますから、きっとこのクルマならラクに運転できるんじゃないかと思います」(石塚さん)。

石塚さん・保坂さん

助手席の人にまで考慮したクルマづくり。
“人馬一体”の考え方に圧倒されました。

「今日は新しい発見だらけでした。とくに印象に残ったのは“人馬一体”の話ですね。コーナーでも自分の思い通りにクルマが動くから、ハンドルを微修正することもないとか。しかも助手席の人も、予測とクルマの動きが一致するから、変に身構える必要がないとか。スゴくないですか?(笑) よくそんなところまで考えてつくってるなって感心しました。信頼のおけるメーカーだなってあらためて思います。こういう人を中心に考えたクルマづくりって、マツダならではのものだと思いますし、日本独自の考え方だと思うんですよ。今はいろんな国のクルマがあったりしますが、こういう日本らしいモノづくりでこれからもがんばってほしいなって思います」(石塚さん)。

石塚さん・保坂さん

石塚さん・保坂さん

石塚さん・保坂さん

Roppongi「AXELA DAY」 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

低圧縮を実現したのが、マツダのクリーンディーゼルです

「マツダって、有機野菜の農家の方みたいな感じかも」

カーラインナップ