Be a driver. Experience at Roppongi「AXELA DAY」 体験レポート

Be a driver. Experience at Roppongi
「AXELA DAY」体験レポート

東京・六本木ヒルズにて、マツダ開発陣によるプレゼンテーションや運転姿勢のレクチャー、さらに同乗試乗などが体感できる「Be a driver. Experience at Roppongi」が開催されました。「AXELA DAY」と題した今回は、アクセラの個性豊かな開発メンバーの面々が集結。絶妙な掛け合いを交えながら開発の狙いやエピソードなどを紹介しました。プログラムの合間には開発メンバーがお客様と積極的に交流し、担当分野のウラ話を披露したり、デザインスケッチをプレゼントするなど、笑顔にあふれた楽しいイベントになりました。

  

今林さんご夫婦

個性的な開発者がつくる、乗って楽しいクルマ。

所有車:トヨタ アクア
今林さんご夫婦

以前は、マニュアルの日産シルビアに乗ってサーキット走行を楽しんでいたという今林さん。結婚を機にハイブリッドカーに乗り換えたものの、やっぱりスポーティなクルマが気になり、今回の参加となったそうです。

意のままにクルマを走らせる快感。
クルマ好きのツボを突く、感覚ですね。

「アクセラは前から気にはなっていました。デザインもいいし、走りも相当こだわっている。今日のハンドルを切る動きとクルマの動きが一致しているという話も、すごく面白かったです。じつは前に、1日試乗キャンペーンで箱根の峠道をアクセラで走ったんです。本当に思いのままにクルマが動くんですね。コーナリング中にハンドルの角度を修正することもない。狙い通りにスパッと曲がる。説明を聞きながら、あの時の感覚を思い出しました。こういう細かいこだわりって、あまり万人受けするものではないのかもしれないけど、僕らクルマ好きにはかなり響きますね。でも、そんなマツダの走りへのこだわりって、将来的にはブランドみたいなものになっていく気がしますよ」(ご主人)。

今林さんご夫婦

“相当なクルマ好きに違いない”。
開発者の印象は思った通りでした(笑)。

「開発者の方の話を直接聞くのは楽しいですね。雑誌などに書いてないことをポロッと話してくれて。まあ、それ以前にキャラクターも個性的な方ばかりで(笑)。すごく親近感がわきます。よくも悪くも優等生的ではないけれど、こだわりだけは誰にも負けない。そんな気持ちが伝わってきます。カタログを見るだけじゃなくて、こういう場で開発者の方が開発の背景や苦労話などを話してくれると、マツダへの興味やクルマへの愛着がさらに増すと思います。今日会った印象は“やっぱり想像通りの人たちだ”って感じで(笑)。雑誌とかでアクセラのことは調べていたので、ここまでこだわるのは好きでやっているからに違いないと(笑)。だからこんなに楽しいクルマができたんだと納得しました」(ご主人)。

今林さんご夫婦

今林さんご夫婦

今林さんご夫婦

Roppongi「AXELA DAY」 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

低圧縮を実現したのが、マツダのクリーンディーゼルです

「マツダって、有機野菜の農家の方みたいな感じかも」

カーラインナップ