Be a driver. Experience at Roppongi「AXELA DAY」 体験レポート

Be a driver. Experience at Roppongi
「AXELA DAY」体験レポート

東京・六本木ヒルズにて、マツダ開発陣によるプレゼンテーションや運転姿勢のレクチャー、さらに同乗試乗などが体感できる「Be a driver. Experience at Roppongi」が開催されました。「AXELA DAY」と題した今回は、アクセラの個性豊かな開発メンバーの面々が集結。絶妙な掛け合いを交えながら開発の狙いやエピソードなどを紹介しました。プログラムの合間には開発メンバーがお客様と積極的に交流し、担当分野のウラ話を披露したり、デザインスケッチをプレゼントするなど、笑顔にあふれた楽しいイベントになりました。

  

鈴木さんご夫婦

マツダ車には開発者の
こだわりがつまっている。

所有車:アクセラスポーツ
鈴木さんご夫婦

免許を取得してからずっとマツダ車に乗り続け、現在はアクセラスポーツを所有されている鈴木さん。
開発者の生の声が聞ける機会もなかなかないと、この日をとても楽しみにして奥様と参加してくださいました。

自分に合った運転姿勢なら、
疲れにくく運転もしやすいと納得。

「今日の話で面白かったのは、ドライバー中心の考え方ですね。最近のマツダは、デザインとか、クリーンディーゼルとかに関心が集まりがちですが、人を中心にしたクルマづくりにも相当こだわっていると感じました。普段クルマに乗っている時は自然と体がクルマに合わせているんだと思いますが、そこを最初からクルマのほうが人に合わせて設計しているというのに驚きました。すごく面白いですよね。自分も運転が好きなのでドライビングポジションはつねに気にかけていたんですが、今日、理想的な姿勢を教わったら意外とゆとりがありました。試乗の時もリラックスできて、しかも運転もしやすかったので、この姿勢のほうがいいんだなって納得しました」(ご主人)。

鈴木さんご夫婦

開発者のメッセージを感じることも、
マツダ車を所有する喜びのひとつです。

「マツダの開発者の方ってきっと妥協しないんだろうなって思うんです。例えば、以前乗っていたデミオですが、細部までよくつくり込まれていて、開発者の意図を感じるんですよ。偶然こうなっているのではない、ちゃんと計算されたこだわりをあちこちに感じていました。今回、説明があったドライビングポジションのペダル位置もそう。スッと脚を伸ばすと、そこにアクセルペダルやフットレストがあって、自分のへその前に自然とステアリングのセンターがくる。よくできてます(笑)。いろんなところに開発者のメッセージを感じますね。しかもそれを誇らしげにアピールするのではなく、暗に示しているだけというのが、いかにもマツダらしいところで。すごく好感がもてます」(ご主人)。

鈴木さんご夫婦

鈴木さんご夫婦

鈴木さんご夫婦

Roppongi「AXELA DAY」 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

低圧縮を実現したのが、マツダのクリーンディーゼルです

「マツダって、有機野菜の農家の方みたいな感じかも」

カーラインナップ