Be a driver. Experience at Roppongi「AXELA DAY」 体験レポート

Be a driver. Experience at Roppongi
「AXELA DAY」体験レポート

東京・六本木ヒルズにて、マツダ開発陣によるプレゼンテーションや運転姿勢のレクチャー、さらに同乗試乗などが体感できる「Be a driver. Experience at Roppongi」が開催されました。「AXELA DAY」と題した今回は、アクセラの個性豊かな開発メンバーの面々が集結。絶妙な掛け合いを交えながら開発の狙いやエピソードなどを紹介しました。プログラムの合間には開発メンバーがお客様と積極的に交流し、担当分野のウラ話を披露したり、デザインスケッチをプレゼントするなど、笑顔にあふれた楽しいイベントになりました。

  

伊藤さん

“人馬一体”という
新しい価値を実感。

所有車:トヨタ アルテッツァ
伊藤さん

現在、専門学校に通いながらクルマに関する勉強に励んでいる伊藤さん。
クルマに関する学びを深め、モチベーションアップにつなげたいという想いから、今回参加してくださいました。

いい開発現場から、いいクルマが生まれる。
このチームを見て、そう感じました。

「開発者の方ってもっと堅い人だと思ってたんですけど、ものすごく個性的なんですね(笑)。親しみやすくて、試乗中もずっと広島カープの話で盛り上がっていました(笑)。じつは私も以前は開発の仕事をしていたんですが、各自が黙々と研究し、あまり言葉も交わさないような環境でした。開発はどこもそんな感じだと思っていたんです。でもマツダは、いい雰囲気で楽しみながら仕事をしているんだろうなって感じました。社内のコミュニケーションが円滑で、横の連携もうまくとれている。だからこそエンジンやデザインといった目立つ部分だけでなく、アクセルやハンドルの操作感や座り心地などの細かい部分まで、徹底的にこだわって技術を高めていけるんだろうなって思いました」。

伊藤さん

運転しやすいという設計思想。
クルマの価値観がちょっと変わりました。

「今日は“人馬一体”の話がとても興味深かったです。最初はピンとこなかったのですが、試乗したら納得でした。僕はスポーティな走りが好きなので、スピードやパワーといった性能を重視してきたんですが、運転しやすいという方向の個性もあるんだなって思いました。クルマに対する価値観がちょっと変わった気がします。それでいうと、シートもすごくよかったです。感触がよくて、硬すぎず柔らかすぎず。あの絶妙のホールド感。家に欲しいくらいです(笑)。これも“人馬一体”の考え方からきていると聞いて、なるほどという感じです。じつは今、クルマの専門学校に通っているのですが、先生も同級生もマツダにすごく注目しているんです。マツダのやっていることは本当に面白いって。これからも日本のクルマ業界を先導していってほしいですね」。

伊藤さん

伊藤さん

伊藤さん

Roppongi「AXELA DAY」 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

低圧縮を実現したのが、マツダのクリーンディーゼルです

「マツダって、有機野菜の農家の方みたいな感じかも」

カーラインナップ