Be a driver. Experience at Roppongi「AXELA DAY」 体験レポート

Be a driver. Experience at Roppongi
「AXELA DAY」体験レポート

東京・六本木ヒルズにて、マツダ開発陣によるプレゼンテーションや運転姿勢のレクチャー、さらに同乗試乗などが体感できる「Be a driver. Experience at Roppongi」が開催されました。「AXELA DAY」と題した今回は、アクセラの個性豊かな開発メンバーの面々が集結。絶妙な掛け合いを交えながら開発の狙いやエピソードなどを紹介しました。プログラムの合間には開発メンバーがお客様と積極的に交流し、担当分野のウラ話を披露したり、デザインスケッチをプレゼントするなど、笑顔にあふれた楽しいイベントになりました。

  

森下 慎也

参加者のダイレクトな
反応がうれしい。

パワートレイン開発本部
森下 慎也

アクセルペダルの動作をコントロールし、狙い通りの加速を実現する研究を行っている森下。
同乗試乗でも理想的なペダル操作をレクチャーしながら、意のままに走る楽しさをお客さまに伝えていました。

ここでは参加者の反応もダイレクト。
開発のモチベーションにつながります。

「最近は、マツダに対する期待の高さを感じますね。参加者の方がこのイベントを本当に楽しみにしているのをすごく感じます。個人的には自分たちが追求している“意のままの走り”素直に感じてもらえたと思います。加速も、ブレーキも、ハンドリングも思い通りに楽しめるクルマに仕上げているので、本当に気持ちよく試乗していただけたのではないかと。このように参加者の方と直に交流できるイベントは、開発者にとっても貴重な場です。自分の仕事に対する反応がダイレクトに感じられるので、モチベーションがすごく上がりますね。まだまだ達成できてない目標がいくつもありますが、こういうイベントで参加者の笑顔を見ると、がんばって実現しなければという気持ちになります」。

森下 慎也

意のままの走りを支えるペダル。
その重要性をもっと伝えたい。

「自分はアクセルペダルを踏んでクルマが加速するまでの入力コントロールの領域を担当していますが、ペダルの感触ひとつで走りって本当に変わるんです。狙いたい加速を実現するために、ペダルも少しずつ調整しながらつくり込んでいきました。やっぱり、自分が心からいいと思えるクルマに近づけていかないと、今日出会ったお客様なんかに自信をもってすすめられないじゃないですか。そういう意味では自分が担当したアクセラのハイブリッドは、走る歓びも味わえるように徹底してこだわりを注ぎました。ぜひマツダならではのハイブリッドの走りを楽しんでもらえたらなと思います」。

森下 慎也

森下 慎也

森下 慎也

Roppongi「AXELA DAY」 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

低圧縮を実現したのが、マツダのクリーンディーゼルです

「マツダって、有機野菜の農家の方みたいな感じかも」

カーラインナップ