Be a driver. Experience at Roppongi「AXELA DAY」 体験レポート

Be a driver. Experience at Roppongi
「AXELA DAY」体験レポート

東京・六本木ヒルズにて、マツダ開発陣によるプレゼンテーションや運転姿勢のレクチャー、さらに同乗試乗などが体感できる「Be a driver. Experience at Roppongi」が開催されました。「AXELA DAY」と題した今回は、アクセラの個性豊かな開発メンバーの面々が集結。絶妙な掛け合いを交えながら開発の狙いやエピソードなどを紹介しました。プログラムの合間には開発メンバーがお客様と積極的に交流し、担当分野のウラ話を披露したり、デザインスケッチをプレゼントするなど、笑顔にあふれた楽しいイベントになりました。

  

安原 完治

クルマを操る楽しさを
より多くのお客さまに。

車両開発本部
安原 完治

シートやシートベルトの開発を通して、快適な乗り心地の研究を行っている安原。
自分が追求しているクルマの乗り味を一般の人はどう感じているのか、興味津々だったようです。

ドライバーとクルマが一体になる快感。
意のままに走る楽しさを伝えたい。

「参加者の方から想像以上に好感のある言葉が多くて。やっぱりうれしいですね。今回、“自分は運転にあまり慣れていないが、アクセラは運転しやすい”という方がいました。それはなぜか、ぜひ知りたいですね。思うにアクセラは、クルマの動きが非常にわかりやすいんです。これまで手探りで運転していたのが、自分の感覚とクルマの動きが合うような感じがあるのではないでしょうか。私たちマツダは“人馬一体”と言っていますが、一般の方は“自然に動く”というぐらいの印象かもしれません。こういう操る楽しさを体験することで、クルマの動きが理解できるようになり、運転がもっと好きになっていくのだと思います。まずはクルマが思い通りに動く楽しさを、しっかり味わってもらいたいですね」。

安原 完治

自分なりの考えをもっと届けたい。
参加者との交流がその意欲を高める。

「このようなイベントには、じつは多くの開発の人間が参加したがっているんです。開発者も自分たちがどんな考えでクルマをつくっているのか、直接もっと伝えたいという気持ちがあるのだと思います。どの領域を担当している開発者でも、いいモノをつくりたいという気持ちは同じです。自分がいいと思ってつくったクルマを一般の人がどう評価するのかは、とても気になるところです。それに実際に生の声を聞くことで、普段から収集しているお客さまのコメントの真意を推測しやすくなるというメリットもあります。このケースではこういう感想が多いから、こういう意図でコメントを出したのだろうと。そういう要望や不満が明確になれば、次回の目標を定めやすくなります。今は期待値がどんどん上がっているので、つねにそれを超えるものを出していこうと考えていますよ」。

安原 完治

安原 完治

安原 完治

Roppongi「AXELA DAY」 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

低圧縮を実現したのが、マツダのクリーンディーゼルです

「マツダって、有機野菜の農家の方みたいな感じかも」

カーラインナップ