Roppongi「CX-3 DAY」

Roppongi「CX-3 DAY」 体験レポート

初夏の東京・六本木ヒルズにて、マツダ開発陣によるトークショーや同乗試乗などが体感できる「Be a driver. Experience at Roppongi」が開催されました。今回は「CX-3 DAY」と題し、CX-3の開発者たちが抽選で選ばれたお客さまに、コンセプトや開発の背景などをご紹介。試乗の際には一人ひとりに運転姿勢のレッスンを行ったり、プログラムの合間に和やかな談笑が繰り広げられるなど、少人数のイベントらしい濃密でアットホームな雰囲気に包まれました。

開催日:2015年7月19日

  

細谷さん

クルマへの愛着がますます深まるイベント

所有車:CX-3
細谷さん

デザインに一目惚れしたという細谷さんは、フランス車から乗り換えたCX-3のオーナー。
この日は持参したCX-3の本に開発者のサインをもらって、ご満悦の様子でした。

マツダの今が、色濃く反映された一台。
じつにカッコいいと思います。

「今日は開発者の方の話が直接聞けて本当によかったです。クルマの話自体はいろんな雑誌などで紹介されていますが、やっぱり携わった本人から話を聞くと、説得力が全然違いますね。じつはマツダのチャレンジ精神とか、逆境を乗り越える力とか、そんな会社のストーリーが大好きなんです(笑)。経済誌などでよく目にしますよね。それですっかりファンになってしまい、マツダ車を所有するまでになったと(笑)。もちろん単純にCX-3のカッコよさが一番の決め手だったんですが、ほかにもディーゼルエンジンを広めるために、あえてクリーンディーゼル専用車にしたあたりとか。とにかくマツダの信念がすごく感じられて、自分としてはすごく欲しいって思えたクルマなんです」。

細谷さん

マツダ車は、“つくった人の顔が見えるクルマ”。

「このようなイベントを通してマツダの方と直に接すると、マツダは自分たちがつくりたいものをきちんとつくって、ユーザーともしっかり関わろうという姿勢が伝わってきます。マツダのウェブサイトにも“私が担当しました”って開発者の方がよく登場しますよね。普通だったらクルマに対して、手がけた人を思い浮かべることなんてないと思いますが、マツダの場合はそれがあるんですよ。“つくった人の顔が見えるクルマ”というか。器なんかの作り手が見える感じに近いんですかね。有機野菜の農家の方みたいな感じかもしれない。“作品性”とか“信頼感”とかにつながっている気がします。このイベントをきっかけに、自分のCX-3にますます愛着が深まりそうです」。

細谷さん

細谷さん

細谷さん

Roppongi「CX-3 DAY」 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「よくそんなところまで考えてつくっているなって感心しました」

カーラインナップ