Roppongi「CX-3 DAY」

Roppongi「CX-3 DAY」 体験レポート

初夏の東京・六本木ヒルズにて、マツダ開発陣によるトークショーや同乗試乗などが体感できる「Be a driver. Experience at Roppongi」が開催されました。今回は「CX-3 DAY」と題し、CX-3の開発者たちが抽選で選ばれたお客さまに、コンセプトや開発の背景などをご紹介。試乗の際には一人ひとりに運転姿勢のレッスンを行ったり、プログラムの合間に和やかな談笑が繰り広げられるなど、少人数のイベントらしい濃密でアットホームな雰囲気に包まれました。

開催日:2015年7月19日

  

井手さん・井上さん

つねに人を意識した
開発思想が素晴らしい

井手さん・井上さん

最近のマツダ車がとても魅力的で、一度乗ってみたかったという井手さん。
開発者の話がとても印象的だったという井上さんとともに、今日のイベントの感想をうかがいました。

クルマづくりの秘密は“ねちねち”。
開発者の努力に感動しました。

「デザイナーの方が“本当にねちねちやっている”と言っていましたが、逆にそれぐらい試行錯誤しないとクルマはできないんでしょうね。僕らが想像できないくらいの努力を各部署の人が重ねていて、それらを連携させる時にまたお互いが“ねちねち”と…(笑)。そんな苦労を知るとクルマに対する愛着もわくし、マツダで働いている人も好きになりますね」(井手さん)。「マツダって熱いんだなって思いました。私、クルマは詳しくないんですけど、いかに乗る人とか、その人の生活とかを意識してクルマづくりに情熱を傾けているかがわかって、すごくよかったです。もう、マツダ車が走っていると思い出しますね。“あ、あの人たちがつくったクルマだ!”って(笑)」(井上さん)。

井手さん・井上さん

“人を知らないとつくれない”。
初心を忘れない姿勢に共感します。

「ここでは開発の方が自分たちのクルマに関心がある人たちに、直接どんな想いでつくったのか伝えてくれましたよね。そういうのって本当にいいなって思います。お客様一人ひとりに、ちゃんと想いを届けようとしているというか。それって僕たちもうれしいし、開発の方もたぶんうれしいじゃないですか。マツダの人、すごく楽しそうなんで」(井手さん)。「やっぱり人を意識してるからできるんでしょうね。つくる時もそうですし、その後も乗る人との接点を大事にしている。“人を知らないとつくれない”っていう気持ちがあるんじゃないでしょうか。初心を忘れずじゃないですけど、そんな意識をしっかりもっているように見えます。ユーザーなら誰もがうれしいと感じると思いますよ」(井上さん)。

井手さん・井上さん

井手さん・井上さん

井手さん・井上さん

Roppongi「CX-3 DAY」 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「よくそんなところまで考えてつくっているなって感心しました」

カーラインナップ