Roppongi「CX-3 DAY」

Roppongi「CX-3 DAY」 体験レポート

初夏の東京・六本木ヒルズにて、マツダ開発陣によるトークショーや同乗試乗などが体感できる「Be a driver. Experience at Roppongi」が開催されました。今回は「CX-3 DAY」と題し、CX-3の開発者たちが抽選で選ばれたお客さまに、コンセプトや開発の背景などをご紹介。試乗の際には一人ひとりに運転姿勢のレッスンを行ったり、プログラムの合間に和やかな談笑が繰り広げられるなど、少人数のイベントらしい濃密でアットホームな雰囲気に包まれました。

開催日:2015年7月19日

  

冨原さん親子

人とのつながりや
夢を大事にしている会社

所有車:プレマシー
冨原さん親子

Q&Aで「マツダに入りたいのですが、どうすればいいですか?」と質問し、喝采を浴びた冨原さんの息子さん。
大人顔負けのしっかりした考えで、お父さまと一緒にマツダの魅力を話してくれました。

人や人の想いまで大事にする。
そんなクルマづくりの姿勢がいい。

「私は今はプレマシーですが、昔はカペラワゴンを乗っていて。嫁の家族も含めて、まわりはみんなマツダ党なんです。正直、昔のマツダを知っているので、最近の活躍が本当にうれしくて(笑)。実際に試乗してみて、今のクルマの完成度は本当に素晴らしいと思います。あと開発の人の話もよかったですね。ユーザーとも、技術者同士でも、積極的にコミュニケーションを図ろうとしている姿勢が伝わってきました。息子がデザイン画をいただいたから言うわけじゃないですけど、マツダにとって人は何よりも大事にすべき存在なんでしょうね。人や人の想いまで大事にしてクルマをつくっている。そんな真面目なところが、これまでずっとマツダを応援してきた理由なんだと思います」(お父さま)。

冨原さん親子

僕の考えたクルマで、
マツダを日本のビッグ3に入れたい!

(息子さんに質問しました。マツダのどこが好き?)「なんか情熱とかが好き。昔、会社が大変だったけど急に売上が伸びたから、あきらめてなかったのかなって」。(どんなクルマをつくりたいの?)「コンセプトカーではあるけど、歩行者にライトなんかで注意を呼びかける、そういう歩行者と自動車を一緒に扱う時代をつくりたい」。(カッコいいとか、速いとか、そういうクルマじゃなくて?)「カッコいいとか速いとかは、歩行者の先進技術の次で。カッコ悪くていいから、歩行者を守るようなクルマをつくりたい」。(なぜそう思うの?)「最近、自動ブレーキとか出てきたけど、それがなかったら人は確実にケガをするから、音とかで歩行者にクルマを知らせたい」。(マツダをどんな会社にしたい?)「僕が新しい技術をつくって、マツダを日本のビッグ3に入れたい」。(今日来て、またマツダが好きになった?)「うん、×(かける)×(かける)10ぐらい!」(息子さん)

冨原さん親子

冨原さん親子

冨原さん親子

Roppongi「CX-3 DAY」 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「よくそんなところまで考えてつくっているなって感心しました」

カーラインナップ