ロードスター軽井沢ミーティング2015 体験レポート

ロードスター軽井沢ミーティング2015 体験レポート

晴れ渡る青空の下、今年も全国各地からロードスターファンの皆さんが軽井沢に集まりました。ロードスタークラブの有志の方が中心となって開催している「ロードスター軽井沢ミーティング」。今回で23回目を迎えます。今年は新型ロードスターの発売直後とあって、過去最高となるロードスター1323台、参加者2154名が集結。仲間との、年に一度の再会やマツダ開発陣との交流などを満喫し、会場は弾ける笑顔にあふれました。

  

武田さん・村田さん

クルマ好きにはたまらない、走りとデザイン。

所有車:ロードスターNB
武田さん・村田さん

このイベントならではの雰囲気を味わいに来ましたという、2度目の参加の武田さんと村田さん。
きれいにカスタマイズされたロードスターたちを、楽しそうに眺めていました。

運転する楽しさをダイレクトに
実感できるのが魅力です!

「2、3年前にNB(2代目)を手に入れました。最初は“どノーマル”な状態で買って、ちょこちょこいじってます。このクルマはアフターパーツが豊富なんで、自分好みに仕上げていく楽しさもありますね。でも、ロードスターは走りが一番です。オープンカーは最高に気持ちいいですね。クルマの運転が本当に好きなんです。じつは仕事もロケバスのドライバーをやってまして(笑)。それでも休日は当たり前のようにドライブに行きますね。仕事と違ってロードスターだと自分の思い通りに走れるんで(笑)。今日も、ここに来るまでにたくさんロードスターと一緒になって。手で挨拶したりとか(笑)。すごく楽しかったです」(武田さん)。

武田さん・村田さん

世界レベルにデザインが洗練。
クルマづくりの方向性が好きです。

「最近のマツダは世界的というか、ヨーロッパのクルマみたいに見た目を統一したり、デザインが洗練されましたよね。ブランドの顔が決まっている感じとか、僕は好きですね。ND(新型)もすごくかっこいいと思います。とくにボディを大きくしないで小さくしたあたりとか、すごいなって思います。しかも重量も軽くなって。原点に立ち返ったってことなんでしょうね。どんな走りするんだろうって気になります。やっぱりNDには乗ってみたいです。デザインもそうですし、NDを小さくつくったこともそうですけど、今のマツダって方向性がすごくいいですよね。“さすが、クルマ好きのことわかってる!”って感じがします(笑)。これからもこのままの姿勢でがんばってもらいたいです」(武田さん)。

武田さん・村田さん

武田さん・村田さん

武田さん・村田さん

  

ロードスター 軽井沢 MTG2015 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「マツダの人馬一体、我々の思想とも重なります」

カーラインナップ