SKYACTIV-D技術説明ツアー

SKYACTIV-D技術説明ツアー

マツダが想いを込めて開発した、SKYACTIV-Dとその搭載車両について、そこに込められた技術を解説するツアーを、TOKYO AUTO SALON2015にて開催しました。
「低燃費性」と「環境性能」、そして「走る歓び」を実現するSKYACTIV-Dについて、多くの方々にご説明させていただきました。

  

リタイア(元エンジニア)/群馬県

全社一丸となって
良いクルマを造ろうとする思い

所有車:アクセラ・ロードスター
リタイア(元エンジニア)/群馬県

SKYACTIV-D技術説明ツアーに参加してのご感想は?

現在、アクセラXDを所有しているので、自分の乗っているクリーンディーゼルがどのようになっているのかを聞いてみたいと思い妻と参加しました。これまでの2.2Lクリーンディーゼルエンジンを1.5Lまで小さくするのには、他のメーカーでもやっていなかっただけに、いろいろな苦労があったということが理解できました。エンジンを小さくするには一から構造を見直し、克服すべき難題がたくさんあったんですね。

リタイア(元エンジニア)/群馬県

でもそうした問題をたゆまぬ努力と卓越した技術で解決していくという姿勢もマツダの魅力だと思います。実は私も電機メーカーでずっとエンジニアをしていたからよく分かるんですが、こういう革新的な技術が商品化になるには技術屋だけの力では出来ないんです。それを後押しする経営層の決断も必要なんです。今、マツダの技術がこうして実を結んでいるのは、全社一丸となって良いクルマを造ろうとする一所懸命な思いの結晶なんでしょうね。

マツダの思想や最近のマツダについてどう思いますか?

リタイア(元エンジニア)/群馬県

マツダのクリーンディーゼル、乗り味は最高です。とくに信号待ちをしていて、青になった瞬間、ちょっとアクセルを踏むだけでスーッと勢いよく加速する。もう気持ちがいいし、快感ですよ。実はロードスターにも乗っているんですが、自分なりに少しカスタマイズしているんです。だからロードスターであっても、他のロードスターとは違う。もう自分の分身みたいなものです。そういうクルマへの愛着が持てる、それがマツダ車です。

よくクルマのイベントに参加させてもらうこともありますが、そういうイベントにもマツダのエンジニアの方々は積極的に顔を出してくれるのもいいですね。マツダというメーカーとの距離の近さを感じますし、なにより親近感がもてます。もちろん妻もマツダ車に乗っているんですが、マツダ車ならではの走る歓びや楽しさを感じすぎたのか、ついに去年、この年齢でサーキットデビューしてしまったくらい。本当に惚れ惚れするクルマがマツダには多いです。

  

SKYACTIV-D 技術説明ツアー 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

低圧縮を実現したのが、マツダのクリーンディーゼルです

清水和夫氏が語るディーゼルエンジンの歴史と可能性

カーラインナップ