SKYACTIV-D技術説明ツアー

SKYACTIV-D技術説明ツアー

マツダが想いを込めて開発した、SKYACTIV-Dとその搭載車両について、そこに込められた技術を解説するツアーを、TOKYO AUTO SALON2015にて開催しました。
「低燃費性」と「環境性能」、そして「走る歓び」を実現するSKYACTIV-Dについて、多くの方々にご説明させていただきました。

  

会社員/神奈川県

マツダがより
身近に感じました

所有車:シルビア
会社員/神奈川県

SKYACTIV-D技術説明ツアーに参加してのご感想は?

最近よくメディアでクリーンディーゼルが取り上げられているのを見て、これまで全くディーゼルエンジンには興味がなかったのですが、一体どんなものなのか知りたいと思い、この技術ツアーに参加しました。クリーンディーゼルって、とてもトルクフルで加速がよく、環境にもいい、さらに燃費もいいと三拍子揃ったエンジンなんですね。

会社員/神奈川県

でもそのディーゼルエンジンを小排気量化するというのは、簡単に出来るのかなと思いきや、なかなか難しいことなんだと初めて知りました。小さくすることで新しい装置が必要になり、根本的なところから作り直さなければいけないんですね。これには非常に驚きました。販売部門の方とはディーラーで話す機会があっても、なかなかエンジンを開発している方から直接話しを聞くチャンスはないと思うので、今日はとても良い体験ができました。普段見ているクルマの開発をしている人と接すると、何だかマツダがより身近に感じますね。

マツダの思想や最近のマツダについてどう思いますか?

会社員/神奈川県

最近、街でよくCX-5、アテンザ、アクセラを見かけますね。とくにソウルレッドが目に飛び込んでくるとパッと明るい雰囲気になります。魂動デザインも基本的には統一感があるけれども、車種によってそれぞれ微妙な違いがあって、そこがまたいいですね。各車のイメージに合うよう、形造られていることがわかります。

個人的にハイブリッドカーも悪くないと思いますが、まず基本性能となる内燃機関の効率を限界まで向上させるというマツダの考え方に共感しますね。やっぱりクルマって、ただ単に移動手段のためのものではなくて、そこにクルマを操作する楽しさがないと面白くないです。だから今、自分が乗っているクルマもマニュアル車なんです。どんどんマニュアル設定自体が少なくなっている時代に、マツダは新車でもちゃんとマニュアル車を購入できるので、クルマ好きとしては大変ありがたいし、うれしいです。今度はぜひクリーンディーゼルを試乗してみたいです。

  

SKYACTIV-D 技術説明ツアー 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

低圧縮を実現したのが、マツダのクリーンディーゼルです

清水和夫氏が語るディーゼルエンジンの歴史と可能性

カーラインナップ