SKYACTIV-D技術説明ツアー

SKYACTIV-D技術説明ツアー

マツダが想いを込めて開発した、SKYACTIV-Dとその搭載車両について、そこに込められた技術を解説するツアーを、TOKYO AUTO SALON2015にて開催しました。
「低燃費性」と「環境性能」、そして「走る歓び」を実現するSKYACTIV-Dについて、多くの方々にご説明させていただきました。

  

左:会社員、右:公務員/東京都

技術を突き詰めていく
姿勢に変わりなし

所有車:ロードスター
左:会社員、右:公務員/東京都

SKYACTIV-D技術説明ツアーに参加してのご感想は?

左:会社員、右:公務員/東京都

RX-8を3台乗りかえて、今はロードスターに乗っているマツダ好きです。ただ運転することが好きで、技術のことは弱いので、技術説明ツアーに参加しました。クリーンディーゼルエンジンを小排気量化するのに、たくさんの難関があったにも関わらず、いろいろな実験を重ねてブレイクスルーしたという話を聞いて、やはりマツダは昔のロータリー時代から新しい技術を突き詰めていく姿勢に変わりはないと感動しました。

マツダ好きがもっとマツダ好きになりました。実際に開発をしている方が、自ら一所懸命に話してくれていたことにもすごく好感が持てました。私も妻もエンジンの仕組みなど全然知らなかったのですが、非常に分かりやすく説明していただけたので、すごく興味がわいてきました。とくに驚いたのは、歩行者との衝突時、エンジンカバーがあえて壊れるようにできていて、緩衝材の役割を果たすと聞き、そこまで考えられているのかと感心しましたね。

マツダの思想や最近のマツダについてどう思いますか?

CX-5がすごい支持を得てから、世の中のマツダを見る目も変わったような気がします。マツダが大好きな私たちも、とてもうれしいですね!これまでは、こだわりの集団でせっかく高度な技術で良いクルマを造ってくれているのに、少々アピールをしなさ過ぎていたよう感じがします。今は気合を入れて広報活動もされているようで、この調子でどんどん頑張って欲しいです。

左:会社員、右:公務員/東京都

Be a driver.の広告もいいですよね、走る歓びが心底伝わってくる感じがします。新しいロードスターにも乗ってみたいし、CX-3のクリーンディーゼルにも乗ってみたい、きっと楽しいクルマなんだろうなと想像できます。今回、このツアーに参加して、マツダがより身近に感じることができて、改めて愛着がわきました。これからもさらに楽しいクルマを造るべく愚直に突き進んでいただきたいと思います。そして、いつかロータリーエンジンも何かの形で復活してもらえると言うことないですね。

  

SKYACTIV-D 技術説明ツアー 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

低圧縮を実現したのが、マツダのクリーンディーゼルです

「走りへの強いこだわりを感じるディーゼル」Story of Diesel 清水和夫氏

カーラインナップ