SKYACTIV-D技術説明ツアー

SKYACTIV-D技術説明ツアー

マツダが想いを込めて開発した、SKYACTIV-Dとその搭載車両について、そこに込められた技術を解説するツアーを、TOKYO AUTO SALON2015にて開催しました。
「低燃費性」と「環境性能」、そして「走る歓び」を実現するSKYACTIV-Dについて、多くの方々にご説明させていただきました。

  

会社員/埼玉県

エンジンの可能性を
探るという考え方を
支持します

所有車:NSX
会社員/埼玉県

SKYACTIV-D技術説明ツアーに参加してのご感想は?

マツダがクリーンディーゼルのCX-5を発売した頃から、他のクルマメーカーとはちょっと違うなと感じていました。独自路線を貫く、マツダならではの技術というのは、個人的に好感が持てます。またマツダのエンジニアの方も決して喋りに長けてるとは言えないですが、逆にそれが技術屋ぽくて、すごく熱意が伝わってきました。すこしでも分かりやすく一所懸命に説明してくれている姿が印象的でしたね。

会社員/埼玉県

どんな会社でもそうですが、若い人たちが頑張っているのは良いですね。小排気量のクリーンディーゼルエンジンを開発する上で、ピストンの形ひとつとっても長すぎても短すぎてもだめ、テーパ角も深すぎても浅すぎてもだめ、気の遠くなるような実験を行い、細かいところまでよく突き詰めているなと思いました。新世代シリーズになってから、技術だけでなくデザインでもマツダのデザインは斬新ですよね、デザインの分野でも若い人たちが活躍しているような感じを受けましたね。

マツダの思想や最近のマツダについてどう思いますか?

会社員/埼玉県

マツダの内燃機関を突き詰めて、まだまだエンジンの可能性を探るという考え方を支持します。今は電気やハイブリッドなどいろいろなパワートレインが出現していますが、個人的な考えを言わせていただくと私はエンジンが好きです。やはり私にとってクルマは趣味のひとつなので、味があるというか、癖がある方が面白いし楽しいと感じますね。

よくクルマで箱根のワインディングにも行くのですが、気持ちがちょっとワクワクしてくる。別に速さをクルマに求めているのではなく、アクセルとブレーキとステアリング、この3つの操作をどれだけ自分の思ったようにできるかということに歓びを感じます。愛車が軽快に山道を走るというのはすごく楽しい。楽器をうまく演奏するのと少し通ずるものがあるのかな。これからもマツダには、クルマを走らせる歓びや楽しさを感じられるクルマを造り続けて欲しいですね。

  

SKYACTIV-D 技術説明ツアー 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

低圧縮を実現したのが、マツダのクリーンディーゼルです

清水和夫氏が語るディーゼルエンジンの歴史と可能性

カーラインナップ