SKYACTIV-D技術説明ツアー

SKYACTIV-D技術説明ツアー

マツダが想いを込めて開発した、SKYACTIV-Dとその搭載車両について、そこに込められた技術を解説するツアーを、TOKYO AUTO SALON2015にて開催しました。
「低燃費性」と「環境性能」、そして「走る歓び」を実現するSKYACTIV-Dについて、多くの方々にご説明させていただきました。

  

会社経営/東京都

オリジナリティあふれる
マツダの真骨頂

所有車:アウディ TT
会社経営/東京都

SKYACTIV-D技術説明ツアーに参加してのご感想は?

技術説明ツアーは非常におもしろかったですね。クリーンディーゼルエンジンを小型化するために相当な工夫をされていて、細かいところまでよく開発されていると感心しました。やはりマツダは技術で一歩リードしていると思いましたね。このSKYACTIV-D1.5のエンジンは世界に通用するエンジンだと思います。ヨーロッパで走るクルマのおよそ半分がディーゼル車というから、きっと海外でも注目されると思いますね。日本人として誇らしい。

会社経営/東京都

クルマメーカーの中で、マツダの我が道を貫くスタイルに共感します。だから商品にもオリジナリティが出てくるんだと思いますね。今回のようなイベントでも、普通DVDが流れていて、どうぞご自由に見て下さいというスタイルが多いでしょ?でも自分で造ったエンジンを、開発者自らが説明するというのがとても良いですよね。開発姿勢が直に伝わってきます。独自の技術を自分の言葉で語る。これぞ、オリジナリティあふれるマツダの真骨頂ですね。

マツダの思想や最近のマツダについてどう思いますか?

会社経営/東京都

あの「Be a driver.」のメッセージ「自分の行く道は、自分で決めたほうが、楽しいに決まっている。」あれは良いですね、あの言葉はマツダそのもの。本当にその通りだと思います。世界にたくさんあるクルマメーカーのなかで、マツダのような独自路線を進むメーカーが増えると、もっと楽しくなるのにね!自分のスタイルがあって、それを迷わず突き進む。

マツダの開発姿勢もさることながら、最近の経営姿勢も好きですね。今回、新しくロードスターも発表されたけれど、なかなかロードスターのようなクルマを造り続けることはできないと思いますね。売れる台数に対しての投資金額を考えたら利益なんて出ないんじゃないかな。それでもファンのために造り続ける気概。決して良いクルマが楽しいとは限らないし、値段が高いクルマが楽しいクルマとも限らない。今はちょっとマツダ車から離れているけど、次はマツダに乗りたいと思っています。これからも同じ広島のマツダとカープをずっと応援していきたいですね。

  

SKYACTIV-D 技術説明ツアー 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

低圧縮を実現したのが、マツダのクリーンディーゼルです

「走りへの強いこだわりを感じるディーゼル」Story of Diesel 清水和夫氏

カーラインナップ