「東京オートサロン 2017」 体験レポート

「東京オートサロン 2017」 体験レポート

幕張メッセで開催された「東京オートサロン 2017」。マツダブースでは発表されたばかりのCX-5をはじめ、ロードスター RF、最新モデルのカスタマイズカーなど、“走る歓び”を感じていただけるクルマを多数展示しました。さらに初代ロードスターの象徴的なカラー「クラシックレッド」をまとったND(現行型)ロードスターも初公開。開発主査やデザイナーが開発秘話やこだわりのポイントをご紹介するトークショーも開催され、多くのクルマファンの熱気に包まれた3日間となりました。

開催日:2017年1月13日〜15日

  

CX-5は、外観も内装も、一つひとつがクオリティアップしている。

CX-5は、外観も内装も、一つひとつがクオリティアップしている。

所有車:CX-5
中尾さんご夫妻

オーナーだからこそ実感できる、先代モデルとの細かな違いに驚きました。

オーナーだからこそ実感できる、先代モデルとの細かな違いに驚きました。

「今日はCX-5を見に来ました。先代モデルの初期型に乗っているので、新しくなった部分がすごくわかりますね。まずは外観も内装も、一つひとつがかなりクオリティアップしています。外観でいうと、グリルまわりがすごく印象的。彫りが深くて今の日本車にはないデザインだと思います。メッシュグリルも精悍だし、切り立ったフロントも実車を見てますますいいなと感じました。内装では、センターコンソールボックスが少し高くなったので、包み込まれる印象が上がった気がします。

初期型と比べるとサイドブレーキがスイッチ式になって、操作系もスッキリしました。水平基調のデザインもきれいですね。あと、フロントガラス照射式のディスプレイは、ほとんど視線を動かさずに確認できて、すごくいいです。最近、運転を始めた妻にも安心の機能だと思います。マツダは自動ブレーキのテストで最高得点※を取っているし、安全装備も充実していますよね、なんてことを妻に言って、買い替えの説得をしているところです(笑)」。(ご主人)

※アクセラが、平成28年度(前期分)から新たに加わった歩行者対応自動ブレーキ評価で、全試験車中、最高得点をマークしました。詳しくはこちら>>

正常進化によって凛々しさがさらに増した、すごく魅力的なモデル。

正常進化によって凛々しさがさらに増した、すごく魅力的なモデル。

「CX-5は、赤い色がとてもきれいだと思いました。主人からすごく変わったと聞かされて、気になっていたのですが想像以上でした。透明感があって、深みもあって。街中で赤いクルマを見てもそんなにいいとは思わないんですが、この赤は素敵だなって思いました。シックで格好いい。高級感があるんですよね」。(奥様)

「さっき妻とも話していたのですが、今乗っている先代モデルはどちらかというとかわいい感じ。新しいモデルは大人っぽくて凛々しい感じですね。とはいえ見た目がガラッと変わるのではなく、開発者の方の話にもありましたが、先代のコンセプトを踏襲しつつ、各部を深化させて世代交代を図っているので、ユーザー側からしてもうれしいです。つまり、今乗ってるクルマがあまり古臭くならない。今回のCX-5は、マツダの最新のブランドイメージをうまく取り入れながら正常進化した、すごく魅力的なモデルだと思います」。(ご主人)

正常進化によって凛々しさがさらに増した、すごく魅力的なモデル。

正常進化によって凛々しさがさらに増した、すごく魅力的なモデル。


「東京オートサロン 2017」体験レポート 関連記事

おすすめ

マツダの予防安全性能が最高評価を獲得*

安全運転を最優先に設計するヘッズアップコクピットという考え方

マツダデザインの新たなる挑戦 深化したCX-5。

いつも安心感が持てるクルマを目指して 開発者トークセッション ムービー

その思想、その造形、その洗練をデザインの集合体として反映させる。

カーラインナップ