「東京オートサロン 2017」 体験レポート

「東京オートサロン 2017」 体験レポート

幕張メッセで開催された「東京オートサロン 2017」。マツダブースでは発表されたばかりのCX-5をはじめ、ロードスター RF、最新モデルのカスタマイズカーなど、“走る歓び”を感じていただけるクルマを多数展示しました。さらに初代ロードスターの象徴的なカラー「クラシックレッド」をまとったND(現行型)ロードスターも初公開。開発主査やデザイナーが開発秘話やこだわりのポイントをご紹介するトークショーも開催され、多くのクルマファンの熱気に包まれた3日間となりました。

開催日:2017年1月13日〜15日

  

クラシックレッドのようなクルマの文化的価値を大切にするのは、重要なこと。

クラシックレッドのようなクルマの文化的価値を大切にするのは、重要なこと。

所有車:スズキ ジムニー
粟野さん親子

所有車:アテンザ
林さん

新しいものを追いかけるだけでは、ブランドの価値は絶対に上がらない。

新しいものを追いかけるだけでは、ブランドの価値は絶対に上がらない。

「ロードスターのクラシックレッドをずっと眺めていました。かつて親戚が乗っていた色なんで、よく覚えていますね。マツダといえば、やっぱり赤。ファミリアもそうだし、RX-7も赤の印象が強いかな。スポーティな赤ってイメージですね。もちろんロードスターも赤。やっぱりオープンカーといえば赤でしょ(笑)。だって、青い空に似合うじゃない。青い空には、赤いクルマや赤い飛行機がよく似合う。

クラシックレッドのND(現行型)ロードスターを限定発売するのは、いいことだと思いますよ。古いクルマの文化的価値を大切にするのは重要なこと。欧州の自動車メーカーは、ちゃんとやってるじゃない。そうしないとブランドの価値は絶対に上がらない。新しいものだけを追いかけても、ブランドにはならないと思う。お客さんが望んでいるものは何か。自分たちの商品に自信はあるか。そういうことを積み上げていかないと意味ないよね。クラシックレッドの復刻って、そこにつながるものだと思いますよ」。(林さん)

息子と一緒に運転を交代しながらドライブ。すごく楽しいし、幸せですね。

息子と一緒に運転を交代しながらドライブ。すごく楽しいし、幸せですね。

「ジムニーは岐阜の実家に置いていて、帰省した時に乗り回しています。僕も息子も、今は東京にいるんだけど、二人ともクルマの運転が好きだから、じゃあレンタカー乗ろうかって、この間、デミオを借りて親子でドライブしたんです。釣りなんですけど、走りが楽しいクルマを交代しながら運転しようと、マツダ車を選びました。目的地までの道のりも含めて楽しみたいから、走りが楽しいクルマじゃなきゃダメなんです。あの時のデミオは楽しかったですね(笑)。今度は二人でロードスターに乗ろうって約束しました。息子もマニュアルのクルマが好きなんですよ。

息子と一緒にドライブするのは楽しいですよ。いろんな話もしますし。クルマに興味がある人って年々減っている気もしますが、こうして好きなクルマを介して、友達や息子と楽しく話ができるのは幸せなことですね。最近は、ようやくスポーツカーとか楽しいクルマが増えてきましたから、またクルマ好きが増えていくんじゃないかと期待しています」。(粟野さん)

息子と一緒に運転を交代しながらドライブ。すごく楽しいし、幸せですね。

息子と一緒に運転を交代しながらドライブ。すごく楽しいし、幸せですね。


「東京オートサロン 2017」体験レポート 関連記事

おすすめ

今も変わらない原点。クラシックレッドの復刻

丁寧につくられたクルマを長く大事に乗ることが自動車文化を育む AUTOMOBILE COUNCIL 2016参加者

豊かな自動車文化に彩られた祭典「2015グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」体験レポート

乗るだけでクルマのドラマが伝わってくる。 KOBE MAZDA Fan Festa 2016 参加者

ロードスターをつくること。 それはお客様の笑顔をつくるということ。

カーラインナップ