「東京オートサロン 2017」 体験レポート

「東京オートサロン 2017」 体験レポート

幕張メッセで開催された「東京オートサロン 2017」。マツダブースでは発表されたばかりの新型CX-5をはじめ、ロードスター RF、最新モデルのカスタマイズカーなど、“走る歓び”を感じていただけるクルマを多数展示しました。さらに初代ロードスターの象徴的なカラー「クラシックレッド」をまとったND(現行型)ロードスターも初公開。開発主査やデザイナーが開発秘話やこだわりのポイントをご紹介するトークショーも開催され、多くのクルマファンの熱気に包まれた3日間となりました。

開催日:2017年1月13日〜15日

  

他にはない艶やかな色味。マツダは塗装のクオリティが素晴らしい。

他にはない艶やかな色味。マツダは塗装のクオリティが素晴らしい。

所有車:ロードスター(NB)
折口さん

光がまわってラインが艶やかに浮き出る感じは、マツダ独特のもの。

光がまわってラインが艶やかに浮き出る感じは、マツダ独特のもの。

「今日は広島から来ました。ガソリンスタンドを経営していまして、クルマが大好きなので、地元マツダのブースはやっぱり気になります。それにしてもマツダのデザインはきれいですね。仕事でボディコーティングをやるのですが、仕上げた後の艶感というか、光がまわってボディラインが浮き出る感じとかは、他の日本車メーカーにはないものがあります。輸入車っぽいというか、欧州を意識しているというか。アテンザなんかもそう。いつもほれぼれしながら洗車しています(笑)。

それと、最近のデザインはさらにエッジが効いてきたように感じます。ロードスターのND(現行型)も本当にシャープになったし、今回のCX-5もその流れを受けて精悍なデザインになっていますよね。数あるSUVの中でも間違いなくスポーティなイメージだし、ロードスター乗りの僕が見ても、いい走りを期待してしまうようなスタイルになっていると思います」。

輝きに深みや落ち着きを感じる、高級感あふれるソウルレッドクリスタル。

輝きに深みや落ち着きを感じる、高級感あふれるソウルレッドクリスタル。

「仕事柄いろんなクルマに接しますが、マツダはボディカラーがとても美しいです。ソウルレッドのマツダ車をよくコーティングするのですが、あの艶やかな色味って本当にすごいんですよ。そもそもマツダは塗装のクオリティが素晴らしい。クルマによってはコーティングのノリが悪いものもあるのですが、マツダは塗装がしっかりしているので、とてもきれいに仕上がります。そのあたりはいつも実感しています。

新しいCX-5の赤も、これまでのソウルレッドから変わりましたよね。ひと目ですぐ分かりました。会場が屋内なので少し分かりづらいですが、明るいんだけど色の深みも増した気がします。ソウルレッドは太陽の光が当たるとパッと鮮やかに輝きますが、このソウルレッドクリスタルはその輝きに深みや落ち着きがあるという感じでしょうか。発売されたCX-5を太陽の下で早く見てみたいですね」。

輝きに深みや落ち着きを感じる、高級感あふれるソウルレッドクリスタル。

輝きに深みや落ち着きを感じる、高級感あふれるソウルレッドクリスタル。


「東京オートサロン 2017」体験レポート 関連記事

おすすめ

"魂動"が艶めく、かつてない質感 匠塗 TAKUMINURI

マシーングレーへのこだわり 開発者トークセッション ムービー

その思想、その造形、その洗練をデザインの集合体として反映させる。

たったひとつの色が、マツダという企業全体を変えた/Be a driver. Experience at Roppongi参加者

カタチそのものに“意思”さえ感じる、魂動デザイン。DESIGN TOUCH 2016 参加者

カーラインナップ