「Be a driver. Experience at Tosu」体験レポート

「Be a driver. Experience at Tosu」体験レポート

マツダのクルマづくりへのこだわりを、もっと感じていただきたい。人とクルマの関係を深める、さまざまな体験の場をお届けする 「Be a driver. Experience」。今回は九州・佐賀県の「鳥栖プレミアム・アウトレット」にて開催いたしました。
春の暖かい日差しの下、会場に展示した最新のマツダ車ラインナップのまわりにはたくさんのお客様に集まっていただきました。
体感イベント参加者の方々は、マツダが考える理想のドライビングポジションについて開発者による講座、レクチャーを受けていただき、その後、開発者が助手席に同乗し、最新のマツダ車を体感試乗されました。

  

「Be a driver. Experience at Tosu」参加者 本田さん、黒田さん

ひとつのことにひたむきに取り組んでいる姿勢を感じます。

所有車:三菱自動車 ekスポーツ
本田さん、黒田さん

開発の人が、本当にクルマが好きなんだと
伝わってきます。

「ずっと欲しいと思っているアクセラに試乗できるということと、開発者の人と話ができるということが気になって応募したんです。元々マツダに対しては、クルマづくりに熱心なメーカーだというイメージを持っていました。今日は、開発の人がクルマづくりについて楽しそうに話をしていたのがとても印象に残っています。

開発の人が、本当にクルマが好きなんだと伝わってきます。

『いい質問ですね!』って言われたのは、クリーンディーゼルエンジンの高回転について。それを実現させるための圧縮比の調整の話を聞いても、他のメーカーの構造とは全く違うなあと。ひとつのことに対してひたむきに取り組む姿勢を直に感じました」。

ドライバーのことを一番に考えて
快適な運転を楽しめるクルマづくりをしている。

ドライバーのことを一番に考えて快適な運転を楽しめるクルマづくりをしている。

「ドライブが好きなのでよく長距離を運転するんですが、自分ではリラックスした姿勢のつもりなのに肩が痛くなることが多くて。だから普段は気にしていなかったドライビングポジションについて、今回のイベントで教えてもらったことを意識して運転してみようと思います。オルガン式のアクセルペダルは前々から調べていたんですが、実際に試乗してみて疲れにくいというのがよく分かりましたよ。

日常の中で快適に走れることを大切にしたクルマづくりに取り組んでいるんだということを聞いて、ドライバーのことを一番に考えているんだなあって感じました」。

ドライバーのことを一番に考えて快適な運転を楽しめるクルマづくりをしている。

ドライバーのことを一番に考えて快適な運転を楽しめるクルマづくりをしている。


「Be a driver. Experience at Tosu」体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ