「Be a driver. Experience at Tosu」体験レポート

「Be a driver. Experience at Tosu」体験レポート

マツダのクルマづくりへのこだわりを、もっと感じていただきたい。人とクルマの関係を深める、さまざまな体験の場をお届けする 「Be a driver. Experience」。今回は九州・佐賀県の「鳥栖プレミアム・アウトレット」にて開催いたしました。
春の暖かい日差しの下、会場に展示した最新のマツダ車ラインナップのまわりにはたくさんのお客様に集まっていただきました。
体感イベント参加者の方々は、マツダが考える理想のドライビングポジションについて開発者による講座、レクチャーを受けていただき、その後、開発者が助手席に同乗し、最新のマツダ車を体感試乗されました。

  

操安性能開発部 井上俊宏

人馬一体を感じていただける操作性を目指しています。

操安性能開発部
井上 俊宏

どうしたらお客様の求める操作に近づけるか、
研究はつきません。

「普段はCX-9のブレーキの性能開発を行っています。データ計測による“感覚”の数値化や三次試験場で実際に運転してのブレーキフィーリングの確認など、人馬一体を感じていただける理想のブレーキ操作感を目指して取り組んでいます。ブレーキは運転操作の中でも感性的な性能。日々、『これはいいのか?悪いのか?』と頭を悩ませながら、お客様が求める感覚を研究しています。こういったイベントには初めて参加したんですが、参加者の方々に『ブレーキのかかり具合ってどうですか?』って率直に聞きました(笑)。

どうしたらお客様の求める操作に近づけるか、研究はつきません。

すると『試乗中に発進、停止を繰り返しても、スムーズに止まれました!』という言葉をいただけたんです。生の声を聞くことができ、我々の狙いはズレていないんだと実感できたのがなによりうれしかったですね」。

今のマツダの技術を、
こうしたイベントで広げていきたい。

今のマツダの技術を、こうしたイベントで広げていきたい。

「マツダのクルマが以前より良くなったというお声もいただきました。エクステリアもインテリアも、質感が上がったと言っていただけたのがうれしいですね。ただ、マツダの技術については、まだまだ知らない人が多いと思います。だからこそ、こうしたイベントで少しずつ浸透させたいですね。

私たち開発の人間も、機会を作ってイベントに参加して、直接お客様とふれあい生の声を刺激にして仕事に取り組んでいきたいです」。

今のマツダの技術を、こうしたイベントで広げていきたい。

今のマツダの技術を、こうしたイベントで広げていきたい。


「Be a driver. Experience at Tosu」体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ