Mazda Women in Motorsport Project 2015

Mazda Women in Motorsport Project 2015

WOMEN IN MOTORSPORT(ウィメン・イン・モータースポーツ・略WIMS)は、FIA(国際自動車連盟)、JAF(日本自動車連盟)が提唱する「モータースポーツ界における女性の活躍」を推進するプロジェクトです。マツダはFIA /JAF WOMEN IN MOTORSPORT委員の井原慶子さんと共に、女性レーサーを中心にモータースポーツ界で活躍する人材育成を目指し、26人の女性メンバーを公募にて選出。2015年4月~7月に実施した訓練合宿では、トレーニング用車両(マツダ・ロードスター NC型)や訓練場(マツダ美祢自動車試験場)を提供。また、7月以降、優秀者にはレース出場(メディア対抗ロードスター4時間耐久レース、マツダグローバルMX-5カップなど)へのサポートもあるなど、女性ドライバー達の夢を応援しています。

  

Mazda WIMS プロジェクトリーダー 倉本 志保さん

突然目の前に「夢」が降りてきた感じです

Mazda WIMSプロジェクトメンバー
倉本 志保さん

初心者ながら、まさかの合格。
目の前の道が広がった新しい目標との出会い

このプロジェクトに応募した時の私は、20年くらいマニュアル車を運転していない、サーキットにも行ったことがない本当の初心者でした。地元の新聞でこのプロジェクトを知り、18歳以上の女性・普通免許所有という条件を見て「私も行ける!」と思い応募しました。丁度仕事を辞めて、これから娘との時間や自分自身の時間を大切にしようと思っていたタイミングでした。書類選考、面接と選考が進むにつれ“走りたい”という思いが強まり、不合格だったら訓練だけでも自主参加させていただけないかとお願いするつもりでした。突然目の前に「夢」が降りてきた感じで、このチャンスを逃したくないと本気で思いました。合格を知った時は本当に嬉しかったです。井原さんは右も左もわからない私の不安を取り去るところから訓練を始めてくださいました。毎回丁寧に的確に教えてくださり、今では安全にサーキット走行が出来るように。井原さんの訓練は、私にとって勿体ないほどの内容で本当に貴重な経験をさせていただきました。これを機に購入したロードスターでこれからも練習を続け、いつかレースに出たい。新たな目標が出来た毎日は本当に充実していて目の前の道が広がりました。

Mazda WIMS プロジェクトリーダー 倉本 志保さんMazda WIMS プロジェクトリーダー 倉本 志保さん

マツダの歴史や人を知るほど、
同じ広島出身としてなんだか嬉しくなりました

Mazda WIMS プロジェクトリーダー 倉本 志保さんMazda WIMS プロジェクトリーダー 倉本 志保さん

広島出身の私は、ある程度マツダのことを知っているつもりでしたが、レースなどモータースポーツに取り組んでいることを知りませんでした。マツダについてもっと知ろうと思い広島にあるマツダミュージアムにも足を運びました。ロータリーエンジンへの挑戦、SKYACTIVへの転換など「挑戦」し、「実現」していく姿に心を打たれました。また、プロジェクトではマツダの皆さんと直接関わり、クルマに愛情をもって走りの楽しさを追求し、人や環境にも優しい技術開発に真面目に取り組んでいることを知りました。歴史や人を知り、WIMSの活動支援に1番に手を挙げたのがマツダだったというのも納得しました。新たな道を自分で切り開いていく、まさに“自分の行く道は、自分で決めたほうが、楽しいに決まっている。”このメッセージを体現されていて、マツダをもっと好きになれたし、同じ広島出身者としてなんだか嬉しくなりました。このプロジェクトへの応募は私にとって大きな挑戦でしたが、本当に参加できてよかったです。これからもさまざまなことに挑戦し、人生を充実させていこうと前向きな気持ちになりました。

Mazda WIMS 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「ビルシュタインにとって、ロードスターは特別」

カーラインナップ