Mazda Women in Motorsport Project 2015

Mazda Women in Motorsport Project 2015

WOMEN IN MOTORSPORT(ウィメン・イン・モータースポーツ・略WIMS)は、FIA(国際自動車連盟)、JAF(日本自動車連盟)が提唱する「モータースポーツ界における女性の活躍」を推進するプロジェクトです。マツダはFIA /JAF WOMEN IN MOTORSPORT委員の井原慶子さんと共に、女性レーサーを中心にモータースポーツ界で活躍する人材育成を目指し、26人の女性メンバーを公募にて選出。2015年4月~7月に実施した訓練合宿では、トレーニング用車両(マツダ・ロードスター NC型)や訓練場(マツダ美祢自動車試験場)を提供。また、7月以降、優秀者にはレース出場(メディア対抗ロードスター4時間耐久レース、マツダグローバルMX-5カップなど)へのサポートもあるなど、女性ドライバー達の夢を応援しています。

  

Mazda WIMS プロジェクトメンバー 大橋 恵さん

やっぱり私は
クルマが好きなんだ

Mazda WIMSプロジェクトメンバー
大橋 恵さん

一度離れたレースの世界、
今だからこそ出会えた新たな“走る歓び”

ロードスターに興味があって調べていた時にこのプロジェクトを知りました。ここ数年は家族との時間を中心にエコカーを選び、クルマは単なる移動手段となってしまっていました。子どものころからクルマが好きで20代のころにミニサーキットで走るようになり、ドラッグレースに挑戦し初めての大会出場で4位になれたんです。ドラッグレースは直線コースでタイムを競い数秒で勝敗が決まります。単純明快ながら奥深く5年半ほど夢中になっていました。それから二人の息子の受験もありレースから離れていましたが、これをきっかけにまたクルマの走りを楽しみたいと思ったのが応募のきっかけです。訓練でサーキットを走りクルマと向き合い、やっぱり私はクルマが好きなんだなと“走る歓び”を再確認しました。私が参加していることや訓練の様子を知った方々から「元気になれた」「勇気づけられた」と応援のメッセージをもらうようにもなりました。この歳になって新たな世界に挑戦している私の姿が誰かの力になれるんだということが嬉しかったです。

Mazda WIMS プロジェクトメンバー 大橋 恵さんMazda WIMS プロジェクトメンバー 大橋 恵さん

クルマと走る歓びを愛するメンバーたちと一緒に

Mazda WIMS プロジェクトメンバー 大橋 恵さんMazda WIMS プロジェクトメンバー 大橋 恵さん

直線の世界から、サーキットコースへ。戸惑いも多かったですが、井原さんは女性レーサーの強みや特長を活かした走り方を教えてくださいました。クルマを操るテクニックだけではなく、感情のコントロールについても学び、冷静に“考えて走る”訓練を重ねました。今までクルマの相談ができる女性が周りにいなかったのですが、シートポジションなど女性にしかわからない悩み事も相談に乗っていただけたり…。今後も練習を重ねて、サーキット走行やレースなど様々なことにチャレンジしていきたいです。 また、毎回いつもクルマを丁寧に整備してくださったりするマツダスタッフさんは、緊張した訓練の中でも話すとホッとできる温かい方ばかり。クルマが大好きなんだなということが皆さんから伝わってきて、クルマと“走る歓び”を愛するマツダじゃないと出来ないプロジェクトだったと思います。

Mazda WIMS 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「ビルシュタインにとって、ロードスターは特別」

カーラインナップ