「Be a driver. Experience at アイメッセ山梨」
 体験レポート

長野・山梨の販売会社である甲信マツダ主催の体感イベント。“人馬一体アカデミー”(全国の販売店スタッフがマツダのクルマづくりや哲学を学ぶ研修プログラム)を受講した甲信マツダスタッフによる講義、スタッフ同乗での最新モデル試乗会などが行われました。また会期中は、マツダの開発陣もトークセッションに参加。マツダグループが一丸となって、オーナー様やファンの皆様にマツダをもっと好きになっていただきたいという想いのもと、独自のクルマづくりへのこだわりをお伝えする2日間となりました。

開催日:2016年9月11日、12日

  

カーブの時、身構えても揺れがこない。これがGVCか、と衝撃を受けました。

所有車:CX-5、プレマシー
石原さんご夫妻

揺れの少なさにびっくり。
これは欲しいと思わせる新技術ですね。

「今日は新しいアテンザに試乗しましたが、すごくよかったです。とくに後部座席に乗った時の揺れの少なさには驚きました。G-ベクタリングコントロール(GVC)のことは知っていたんですが、想像以上に全然揺れなくて。このカーブならこう揺れるだろうなと構えていたら、揺れるはずの揺れがこない。え? どうして?と、いい意味で裏切られました。これは初めての経験でしたね」。(ご主人)

「クルマの挙動が自然ですよね。違和感がまったくない。自分が思った通りの方向にスーッと動いてくれる感覚。無理に抑え込んでいるような感じではないんです。だからいつものクルマと同じ感覚で運転できる。普段通っている道で試乗したので、クルマは違うのにいつも通りに動くことがすぐ分かりました。人馬一体の感覚がさらに進んだ感じ? これは欲しいと思わせる新技術ですね」。(奥様)

走りの滑らかさと静かさ。
ディーゼルの進化には本当に驚きました。

「乗りやすさでいうと、ディーゼルの滑らかな走りには驚きました。そして本当に静か。今乗っているCX-5はガソリン車ですが、購入の際はディーゼル車も乗って比較したんですよ。その頃も静かだと思いましたが、まだディーゼルらしい音は残っていました。それが今日の試乗車はほとんど聞こえない。アクセルをかなり踏み込んでも、ガラガラいわない。普通にガソリン車のようでした。こんな進化したんだって思いましたね」。(ご主人)

「Be a driver. Experienceというイベントはサイトでもよく見ていました。DMが届いた時は、やっと山梨にも来てくれたと(笑)。お店で担当してくれている方も自分の趣味を理解してくれているので、話していて楽しいんですよ。『こういうデザイン、好きですよね』 とかって。行きつけの洋服屋さんみたいな感じですかね。興味がある情報を教えてくれたり、アドバイスをもらったり。そんなふうにクルマを買った後もずっと付き合えるのって、いいですよね」。(ご主人・奥様)


G-ベクタリング コントロールを実感

「いかにも仕事してます、という感覚がない」

GVCをテスト車両でオーナー様が実感。
体験ムービーでご紹介。

続きをみる


「Be a driver. Experience at アイメッセ山梨」体験レポート 関連記事

おすすめ

SKYACTIVは次のステージへG-ベクタリング コントロール誕生

GVCは部門の壁を越えた技術なんですね/Be a driver.Experience体験ムービー

「自動車業界にとってエポックメイキング」 清水和夫氏G-Vectoring Controlインプレッション

MAZDAのクリーンディーゼルは進化をやめないSKYACTIV-Dのすべて

想像を超える力強くてスムーズな加速を体感 クリーンディーゼル試乗会レポート

カーラインナップ