メンテナンス部品

役割

人間の血液のようにエンジン内部のすみずみまでゆきわたり、エンジンの動きを円滑にしています。エンジンオイルには下記の重要な役割があります。

潤滑 シリンダー、ピストンリングなどの金属同士の摩擦を油膜でおさえます。
清浄 エンジン内部に発生する鉄粉や燃えかすなどの汚れを包み込みます。
衝撃吸収 ピストンなどの衝撃をおさえて、振動や異音の発生をおさえます。
密封 ピストンとシリンダーの間の隙間をふさぎ、パワーロスを防ぎます。
冷却 燃焼や摩擦で高温になるエンジンの熱を冷却します。
防錆 水蒸気などによる錆を防ぎます。

画像:エンジンオイルの役割

エンジンオイル分類の見方

粘度記号

エンジンオイルの見分け方として、どのような環境(季節や温度)で使えるかを表す粘度記号があります。

画像:粘度記号

低温時の粘度
※数字が大きいほど粘度が高い

0W

5W

10W

15W

20W

高温時の粘度
※数字が大きいほど粘度が高い

20

30

40

50

60

粘度の特長
 メリットデメリット
低粘度オイル(サラサラ)

・低温での始動性が良い
・燃費向上に貢献する

・エンジンの保護性能は高粘度オイルより弱い

高粘度オイル(ネバネバ)

・高温でもエンジンをしっかり保護する
・静粛性に優れている

・燃費には低粘度オイルの方が良い

品質規格

エンジンオイルは粘度以外にも質のグレードである「API分類」、「ILSAC規格」などによって分類されています。

API規格
・米国石油協会の規格で、エンジンオイルの品質を規定しています。
・ガソリンオイルでは「SN」が最新の規格で、最高グレードです。

画像:API規格

ILSAC規格(International Lubricant Standardization & Approval Committee)
・地球環境保全の為には、自動車メーカーとオイルメーカーの協力が不可欠なことから制定されたガソリンエンジン規格です。
・API規格をベースに国際潤滑油標準化認定委員会で定めた規格で、更に省燃費性が必須項目です。
・現在「GF-5」が最新規格となっており、ILSAC適合マークは「GF-5」のみ表示可能です。

画像:ILSAC規格

グレード制定年度主なポイント
ILSACAPI
GF-5SN

2010年~

GF-4と比較し、下記のような特長があります。

・省燃費性や持続性の更なる向上
・スラッジの生成、オイルスクリーンの目詰まりを抑え、スラッジコントロール性能を向上
・バイオ燃料適合性向上

GF-4SM

2004年~

従来のエンジンオイルと比較し、下記のような特長があります。

・環境への配慮から排ガス浄化装置に悪影響を及ぼすリン/イオウの含有量を低減
・酸化安定性の向上

商品知識

点検 / 交換時期の目安

商品ラインナップ

その他のメンテナンス部品

エンジン系

エンジンオイル

オイルフィルター

バッテリー

エアフィルター

燃料フィルター

冷却水(LLC)

スパークプラグ

タイミングベルト

ドライブベルト

駆動系

タイヤ

ドライフシャフトブーツ

ATF

ブレーキ系

ブレーキパッド

ブレーキフルード

その他

エアコンフィルター

ワイパーブレード(リフィール)

ピック付発炎筒

デポジットクリーナー


信頼の純正部品だからこその高品質を実現。マツダのサービス