hero

SKYACTIV-HYBRID

ハイブリッドカーの走る歓びは、
どこまで進化させることができるのか。

人とクルマは、ひとつになれる。マツダの想いをカタチにした、「アクセラ・ハイブリッド」。
走りも、デザインも、安全性能も、何ひとつとして妥協しない。
この1台が、ハイブリッドの走る歓びを、次の次元へと引き上げます。

アクセラハイブリッドの試乗車を探す

アクセラハイブリッドの購入価格シミュレーション

マツダの想いをカタチにしたハイブリッド、それが、アクセラハイブリッドです。

アクセラ ハイブリッド 商品本部主査 柏木 章宏
アクセラハイブリッド 商品本部主査 柏木 章宏

アクセラではガソリン、ディーゼルに加え、ハイブリッドモデルをご用意しました。

それは、一人でも多くの皆様に、クルマを運転する楽しさ、「走る歓び」を味わって頂きたいという想いからです。もちろん、どのパワートレインを選んで頂いても、美しいデザインや心ときめく走りなど、すべてにマツダのこだわりを感じられるものに仕上げています。

ガソリン、ディーゼル、ハイブリッド、3つの中からどれを選ばれるかは、お客様ごとのクルマの用途や使用環境、好まれる乗り味など様々な理由によりますが、「走る歓びを味わいたいのはもちろんだが、ハイブリッドにも興味がある」そういうお客様にも、マツダとしてご納得いただけるものを提供したいという気持ちから、マツダ初となるハイブリッドをアクセラのラインナップに加えました。

開発にあたっては、アクセラが目指す人馬一体はハイブリッドといえどもまったく同じで、マツダらしい走る歓びを感じられるクルマに仕上げることを最優先に考えました。そして、見るものを一瞬にして惹きつける「魂動」デザインはもちろん、ドライバーを信じサポートするための安全性能に関しても妥協はしていません。

そうしたうえでハイブリッド特有の、モーターとエンジンを併用したスムースで滑らか、かつ静かな走りを実現していることがこのクルマの最大の特徴です。

もちろん、ハイブリッド車に期待される優れた燃費性能も備えており、特に中低速を中心とした日常的な街中での走行では、EV走行や回生ブレーキなどが燃費に大きな効果を発揮します。

マツダの想いをカタチにしたハイブリッド、それが、アクセラハイブリッドです。

是非、アクセラハイブリッドで運転をお楽しみいただき、ドライバーの皆様とクルマがひとつになれることを実感していただきたいと思います。

人馬一体を楽しむドライビングフィール

マツダブランドが常に追求しているのは、ドライバーの意のままに操る「走る・曲がる・止まる」という基本性能です。どの速度からでもアクセルを踏み込むとリニアにクルマが反応する。

アクセルの踏み込みに応じてクルマが加速、エンジン音が応答する特性をハイブリッド制御として造り込むことで、人馬一体の走りを実現しました。

ドライビングフィールを実現する技術

最適なドライビングポジション

自然な体勢での操作を可能にする「快適関節リンク角」の考え方を取り入れ、ステアリングホイールやペダルなどをレイアウトしています。

アクセルペダルの操作感

アクセルペダルの操作感

アクセルペダル操作感は、ベースモデル同様にドライビングポジションにおけるアクセルペダルの位置を最適化。アクセルペダルの踏み込み量に対する発生加速度は、リニア感を最優先とし、アクセル軽開度域の速度コントロール性を維持しつつ、大開度での伸び感を両立させたセッティングとしました。

リアマルチリンクサスペンションの搭載

リアマルチリンクサスペンションの搭載

バッテリーを適切な場所に配置することにより、リアマルチリンクサスペンションの採用と、前後の重量配分を理想に近付けることが可能になりました。また、リニアなアクセル特性とブレーキ特性の実現とが相まって、意のままのスムーズなコーナーリングが可能となりました。

MAZDA CONNECT

MAZDA CONNECT

マツダは、運転中にも安全に楽しめるクルマを実現して、ドライブの歓びをもっと大きく広げたいと考えました。「マツダ コネクト 」には、Facebook、Twitterなどの機能や、世界10万局以上の中からお好みのジャンルの番組を選択できるインターネットラジオ「Aha by Harman(※1)」、ハンズフリー通話(※2)、ナビゲーションなどの機能を備えています。

コマンダーコントロール

コマンダーコントロール

コマンダーコントロールは、手もとを見ることなく「マツダ コネクト」を操れるよう、ステアリングを握っていた左手を自然に下ろした位置に設置。シンプルで使いやすく、機能を覚えやすいボタン配置にしました。

アクティブ・ドライビング・ディスプレイ

エンジンONでメーターフードの前方に立ち上がり、車速やナビゲーションのルート誘導など走行時に必要な情報を表示。情報はドライバーの約1.5m前方に焦点を結んで見えるため、視線の移動と眼の焦点調節が最小限で済むように設置しています。
※ HYBRID-S、HYBRID-S L Packageに標準装備

※1 お客様のスマートフォンの接続が必要です。予めAhaアプリのダウンロードが必要です。(無料)
※2 お客様のスマートフォンまたは携帯電話の接続が必要です。

見るものを一瞬で魅了する魂動デザイン

見るものを一瞬で魅了する魂動デザイン

スポーツカーのような強い前進感を表現したフロントビュー。鋭く前を見据えた力強い瞳となるヘッドランプ。前へ進もうとするスピード感を表現したサイドビューからの前傾姿勢のプロポーション。後方に力をため込んだような凝縮感のあるリアデザイン。

「魂動」の根幹にあるのは、生き物が獲物を狙って力をため、飛びかかる一瞬のフォルムです。ムダを削ぎ落としたその美しさと力強さを究極的な動きの造形としてクルマのデザインで表現しています。

「面」とボディカラーの相乗効果

光のラインを投影するシミュレーション
光のラインを投影するシミュレーション

「魂動」の躍動感・生命感と、アクセラらしい軽快感が融合したデザインを創り上げているのが「面」の造形です。ポイントは“意図したリフレクション(映り込み)”と“変化に富んだ陰影”。デザイン開発の初期段階からボディに光のラインを投影するシミュレーションを繰り返し、エモーショナルに感じられる「面」に調整しています。ソウルレッドプレミアムメタリックの鮮やかさと深みは、この「面」造形があったからこそ生まれ、表現できているのです。

「匠塗 TAKUMINURI」が生んだ、ソウルレッドプレミアムメタリック。

「匠塗 TAKUMINURI」。それは、これまで困難だった「鮮やかさ」と「深み」の両立というブレークスルーに挑み、かつてなく質感の高い赤色を実現した画期的な塗装技術。この匠の魂と技から生まれた、鮮やかで深みある「ソウルレッドプレミアムメタリック」が、「走る歓び」の未来を拓くマツダの情熱を象徴しています。 

「匠塗 TAKUMINURI」が生んだ、ソウルレッドプレミアムメタリック。

走る歓び支える先進の安全性能

走る歓び支える先進の安全性能

アクセラハイブリッドの安全装備は、同クラスのハイブリッドの中で最も標準装備が充実しています。ドライバーが安全に運転できる状態を確保し、事故につながるリスクを最小限に抑え、『走る歓び』の実現を目的とした先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を搭載。

人を信じ、人に操作させることを第一に考えたマツダの開発哲学に基づき、ドライバーを支援することが大きな安心・安全につながるというマツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY」の考え方から生まれました。

マツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」

ドライバーが安全に運転できる状態を最大限に確保し、事故のリスクを最小限に抑制することが、安心・安全な運転につながる。 この安全思想に基づき開発した、各種検知デバイスを用いたマツダの先進安全技術の総称が、「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」。これにより、クルマを運転するすべてのシーンで、よりいっそうの安心・安全を提供します。 

ハイブリッドに搭載されているi-ACTIVSENSE機能

AFS(*3)

進行方向にヘッドランプを照射し、視界を確保。

AFSについて詳しく見る

HBC(*3)

ハイビーム・ロービームを自動で切り替え。

HBCについて詳しく見る

LDWS(*3)

車線からの逸脱を予測し警告。

LDWSについて詳しく見る

*3 AFS、HBC、SCBS、LDWSは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
● その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。
● 車種に搭載されているi-ACTIVSENSEは、各グレード情報にてご確認ください。

ハイブリッドならではの低燃費。

発進時は基本的にモーターだけを使い、一定速走行や加速など運転状況に応じて、エンジンとモーターのパワーを効率よく組み合わせて使います。また、減速時にはモーターがエネルギーを回生してバッテリーを充電。これらにより非常に優れた燃費性能を発揮します。
(搭載グレード: HYBRID-C、HYBRID-S、HYBRID-S L Package)

マツダハイブリッドシステム SKYACTIV-HYBRID

エンジン最高出力73kW〈99PS〉/5,200rpm
エンジン最大トルク142N・m〈14.5kgf・m〉/4,000rpm
モーター最高出力60kW〈82PS〉
モーター最大トルク207N・m〈21.1kgf・m〉

*〈 〉内は旧単位での参考値です。

*HYBRID-Sの18インチアルミホイールオプション装着の場合は28.0km/Lとなります。
*HYBRID-S L Packageの16インチアルミホイールオプション装着の場合は30.8km/Lとなります。

画像:マツダハイブリッドシステム SKYACTIV-HYBRID

ハイブリッド専用ガソリンエンジン SKYACTIV-G 2.0

排気の一部を冷やして燃焼室に戻すクールドEGRの採用などで、燃焼効率と燃費性能の向上に貢献する高圧縮比14.0を実現。

ハイブリッド専用ブレーキシステム

ペダルの踏み込み量に応じて回生ブレーキと油圧ブレーキを協調制御する電子制御ブレーキシステムを採用。ペダルを踏み込むときも戻すときも、ドライバーが制動力を的確にコントロールできる、リニアで扱いやすいブレーキ特性を実現。

排気熱回収システム

排気の熱を利用してエンジンの温度上昇を促して暖機を早め、冬場の燃費向上に貢献。

18インチタイヤ&アルミホイール(※5)

大径タイヤとアルミホイールにより、アクセラの持つ躍動感を高めるとともに、操縦安定性(直進安定性/コーナリング性/ハンドリング応答性)を向上。見ても、走っても心が沸き立つハイブリッドです。

※4 燃料消費率(国土交通省審査値)は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
※5 HYBRID-S L Packageに標準装備。HYBRID-Sはメーカーセットオプションとなります。

アクセラハイブリッドの独自機能。

画像:ドライブモニター

ドライブモニター

7インチセンターディスプレイのエネルギーフローモニター画面では、システムの運転状態が直感的に分かるよう、エンジン/モーター/バッテリー間のエネルギーの流れをビジュアル化して表示します。

画像:パワーメーター

パワーメーター

単眼メーターの左ウイングに配したパワーメーターは、出力状態や回生ブレーキの強さなどを表示します。

画像:アクセラハイブリッド専用シフトノブ
EVドライブモードスイッチ

EVドライブモード

EVドライブモードスイッチを押せば、モーターのみでの走行が可能。深夜のエンジン音やガレージでの排出ガスを抑えます。

* バッテリーや走行状態などによっては使用できない場合があります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

画像:EVドライブモード

アクセラハイブリッド専用シフトノブ

アクセラハイブリッド専用のエレクトリックシフトは、形状を最適化する造り込みと同時に、確実な手ごたえと節度感ある操作感を実現。また、ステアリングやパーキングブレーキレバーと質感・触感を統一した本革を採用しています。

画像:車両接近通報装置
OFFスイッチ

車両接近通報装置

モーターのみの走行時にはエンジン音がしないため、歩行者が車両の接近に気付きにくい場合があります。そこで、低速でのEV走行モード時に自動で発音し、車両の接近を知らせる車両接近通報装置を採用しました。スイッチにより機能のオフも可能です。

*画像はイメージです。


オーナー&試乗者のみなさまの声

※「Driver’s Voice」2016年2月2日現在

外観・ボディカラー89%

オーナー 50〜54歳 / 男性

普段全く車に興味のないゲーマーの長男22歳が、初めて『かっこいい、このクルマなら免許欲しい』と言いました

試乗者 55〜59歳 / 男性

静かで、力強く、なによりかっこいい! 視線を感じますね!

オーナー 35〜39歳 / 男性

外観デザインは秀逸ですね。サイドビューの美しさはすばらしい。

 

燃費・経済性73%

オーナー 55〜59歳 / 男性

毎月の燃料費が5分の1になり、週末は県内各地のグルメを求めて快適なドライブを謳歌!

試乗者 20〜24歳 / 男性

男4,5人乗せて、しかもこのような過酷な条件を走行してリッター18を超える車はなかなかないと思います。
燃費に関しては満足です。

オーナー 40〜44歳 / 男性

丁寧な走りをするとリッター25キロを記録してくれる優れものです♪

内装・インテリア66%

オーナー 45〜49歳 / 男性

シート、ハンドル、ブレーキ、SW類などの手や体の触れるところの触り心地が良好。

オーナー 60歳以上 / 男性

内装は質感も良くセンスも良い。皮のステアリングは良質の皮と仕上げが実に丁寧で気持ち良い。

オーナー 55〜59歳 / 男性

運転席前方にあるアクティブドライビング・ディスプレイ(プロンプター)はマツダのこだわりを感じ、個人的に気に入ってます。


アクセラの試乗車を探す

SPORT

SEDAN

HYBRID



購入価格をシミュレーション

SPORT

SEDAN

HYBRID



*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*表示車種がエコカー減税対象の場合、減税を反映した税額を表示しています。(2015年4月1日時点)
*環境対応車普及促進税制対象車(乗用自動車)は、「クリーンディーゼル乗用車」および「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU‐LEV)認定車」かつ「平成32年度燃費基準+20%」「平成32年度燃費基準+10%」「平成32年度燃費基準」「平成27年度燃費基準+10%」「平成27年度燃費基準+5%」達成車です。環境対応車普及促進税制として、新車登録時に取得税の免税・軽減措置(平成29年3月31日まで)、重量税の免税・軽減措置(平成29年4月30日まで)が受けられます。詳しくは営業スタッフまでおたずねください。
*グリーン税制は、新車登録または届出の翌年度に自動車税または軽自動車税の軽減措置(平成29年3月31日までの新車登録・届出車が対象)が受けられます。詳しくは営業スタッフまでおたずねください。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

everyone