MAZDA CONNECT

人とクルマ、そして外の世界とつながる「マツダ コネクト」。

「マツダ コネクト」はソフトウェアをアップデートでき、つねに最新のサービスを利用できるコネクティビティシステム。
走行中でも、インターネットラジオの受信※1やハンズフリー通話※2など、便利で楽しい多彩な機能が安全に操作できます。

マツダコネクト サポート関連情報

Navigation

米国の「GPS」に加えて、日本の準天頂衛星システム「みちびき」およびロシアの衛星測位システム「グロナス」に対応することにより、さまざまな時間や場所において自車位置を測位することが可能になりました。さらに、SBASからのデータを活用することで測位精度も向上。これらによって、自車の現在位置をより高精度に地図画面に表示します。

* SBAS:Satellite-Based Augmentation System(衛星航法補強システム) 静止衛星から配信される測位衛星の誤差補正情報を利用して、位置精度を高めるシステムの国際規格。
* 画像はイメージです。

●地図表示:2画面地図表示、交差点拡大図表示、高速道路SA/PA/JCTリスト表示
●目的地設定:50音検索/住所/施設/電話/マップコード※4/スマートフォンからの目的地転送(NaviCon準拠※4
●渋滞情報:FM VICS、光ビーコンVICS/ITSスポット(ショップオプション)

ナビゲーションの取扱説明書を見る

Applications

燃費情報、各種のメンテナンス情報や注意情報、i-DM情報などを表示。i-ELOOP(アイ・イーループ)搭載車はその制御情報も確認できます。

* 画像はイメージです。

Entertainment

スマートフォンを活用したインターネットラジオ「Aha™※1」やポータブルオーディオ※5のほか、AM/FMラジオ、メーカーセットオプションのDVDプレーヤー※6、TV※6など多彩なメディアが楽しめます。

* 画像はイメージです。

Communication

Bluetooth®対応のスマートフォンで、ハンズフリー通話やショートメッセージの読み上げを利用できます。

* 画像はイメージです。

Settings

Bluetooth®対応機器のペアリング、ディスプレイやサウンドなどのセッティング、アクティブ・ドライビング・ディスプレイの明るさや角度調整、一部の安全装備の設定などが行えます。

* 画像はイメージです。

Bluetooth®

Bluetooth®対応の携帯電話/スマートフォンと接続することでハンズフリー通話が行えます。また、スマートフォンと接続するとセンターディスプレイに表示されるAha™のコンテンツ(Facebook、Twitterの一部機能やインターネットラジオなど)を楽しんだり、ショートメッセージの確認を行うことができます。 携帯電話/スマートフォンを一度ペアリングすれば、次回からは自動的に接続されます。

(標準装備:全車)
*携帯電話/スマートフォンの機種によっては対応できないものもございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

音声認識機能

オーディオ、電話、ナビゲーションの一部操作を音声認識で行うことができます。
●オーディオ操作:音源選択やUSBオーディオ選曲など
●電話操作※7:通話先指示など
●ナビゲーション操作※8:目的地選択など

(標準装備:全車)

バックガイドモニター

センターディスプレイにバックカメラの映像を映し出し、バックでの駐車をサポートします。

(標準装備:全車)
*カメラの映し出す範囲は限られていますので、必ず車両周辺の安全を直接確認しながら運転してください。

外部接続ハブ

スマートフォンやポータブルオーディオをUSB端子に接続すれば、お気に入りの音楽を楽しむことができます。
AUXミニジャック対応のポータブルオーディオでも接続可能。また、USB接続可能な端末への充電を2つ同時に行うことができます。

(標準装備:全車)

※1 お客様のスマートフォンとBluetooth®の接続が必要です。予めAha™アプリのダウンロードが必要です。(無料)
※2 お客様のスマートフォンまたは携帯電話の接続が必要です。
※3 ショップオプションのナビゲーション用SDカードPLUSをご購入いただくと、ナビゲーションを機能させることができます。地図データは3年間無料更新付(年1回更新)。
地図データ更新は、インターネットを通じてお客様ご自身で更新いただきます。通信費はお客様のご負担となります。必要なPC環境などの詳細は、こちらをご確認ください。
走行中は安全上の理由から、一部機能およびタッチパネルの操作に制限がかかります。
※4 NaviCon、マップコードは株式会社デンソーの登録商標です。
※5 Bluetooth®、USB、AUXミニジャックいずれかの接続が必要です。
※6 走行中は映像が表示されません。音声のみとなります。
※7 Bluetooth®接続時に操作可能です。
※8 ショップオプションのナビゲーション用SDカードを挿入し、ナビゲーションが機能した状態で操作可能です。
* スマートフォンやポータブルオーディオの機種によっては対応できないものもございます。対応機種については、マツダ コネクト専用サイトをご覧ください。

Aha™は車内インフォテイメントとして、インターネットラジオ、ニュース、ポッドキャストや天気予報など、世界12万局以上のウェブコンテンツを提供するクラウド・プラットフォームです。

 

インターネットラジオ

世界12万局以上のインターネットラジオ局にスマートフォンからアクセス可能。さまざまなジャンルの音楽ステーションや、ニュース、スポーツ、トークなどの専門ステーション、さらにはオーディオブックなどを楽しめます。またインターネットを通じて配信されるため、スマートフォンの圏内であれば、通常のラジオのように電波が弱くて聞こえなくなったり、不快なノイズが発生したりしません。

Facebook、Twitter

運転中の安全を考慮して、FacebookのタイムラインやTwitterのメッセージを読み上げてくれます。

*はじめにiTunes®やGoogle Play™からAha™アプリ(無料)をお客様のスマートフォンにダウンロードし、「マツダ コネクト」に接続する前に、スマートフォンでAha™の中の聞きたいチャンネルをセット(プリセット)していただく必要があります。
*iTunes®はApple Inc.の商標です。Google Play™はGoogle Inc.の商標または登録商標です。

  

CX-3の魅力

エクステリア

安全性能

走行性能

マツダのクルマづくり

Cockpit

マツダはつねに、人とクルマがつながりあうために、
人間中心の設計によるドライビングポジションを追求しています。

コクピットトップへ

マツダを体感

Experience

マツダは人とクルマの関係を深める、
さまざまな体験の場を用意しています。

Be a driver. Experienceトップへ

*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成31年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成31年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。


<平成30年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について>
・申請対象となる車両の初度登録期間:平成30年2月1日~平成31年2月22日
・申請書受付期間:平成30年4月20日~平成31年3月4日(必着)
・個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:
①初度登録日が平成30年2月1日~4月27日の間の車両の提出期限は、平成30年6月30日まで(消印有効)
②初度登録日が平成30年5月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。
・補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
・補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
・詳しくは営業スタッフにおたずねください。