i-ACTIV AWD

i-ACTIV AWDが、そのシーンを楽しさと安心に変える。

どんな道でも、運転の楽しさと安心感、そして優れた燃費性能をお届けしたいから。
4WDシステムの開発でも、スカイアクティブ テクノロジーとのコンビネーションによって、マツダらしい走る歓びを追求。
走破性と燃費性能を同時に向上させるというブレークスルーを、エネルギーロスを最小化させる独自の発想と精密な制御によって実現しました。

i-ACTIV AWDが、優れた走破性能と燃費性能を両立

ドライバーには感じとれないほどわずかなタイヤスリップなどをリアルタイムにモニターし、路面状況をいち早く予測して駆動力を積極的に自動制御する先進の4WDシステムです。スイッチなどで2WDと4WDを切り替える必要がなく、走破性能と燃費性能を両立。走りの楽しさと感動の世界をさらに大きく広げます。

(設定グレード:4WD全車)

さまざまなシーンで優れた性能を発揮する i-ACTIV AWD

前輪がアイスバーンに乗った登り坂での発進

前輪がアイスバーンに乗った登り坂での発進

クルマが路面の状況を検知し、前輪が滑りやすい状態にあると、前輪がスリップする前に後輪へのエンジントルク配分を直結4WD状態まで最適に増加。前輪スリップの発生を抑制し、安定した坂道発進を可能にします。さらに、この状況ではヒル・ローンチ・アシスト(HLA)が作動し、発進時の安心感をより高めます。

路面変化への対応

凍結路面や雨天走行時においても前輪がスリップする前に、瞬時に後輪へのエンジントルク配分を増加させ、安定した走行を実現。

通常走行

通常走行

雨の高速道路走行

雨の高速道路走行

*実際の路面状況などによって、前後輪へのトルク配分比率は変化します。

*4WD機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
*画像はイメージです

4WD専用装備

ヘッドランプウォッシャー

●ヘッドランプウォッシャー

フォグランプ リア(運転席側)

●フォグランプ リア(運転席側)
●フロントワイパーデアイサー
●AWDオーナメント
●大型ウォッシャータンク&ウォッシャー液残量警告灯

i-ACTIV AWD

i-ACTIV AWD

思いのままの走りを実現する、新世代4WDシステム。

i-ACTIV AWDについてさらに詳しく

  

  

CX-5の魅力

安全性能

エクステリア

インテリア

マツダのクルマづくり

Dynamics

人馬一体を進化させる
MAZDAのクルマづくりをご紹介します。

ダイナミクストップへ

マツダを体感

「Be a driver. Experience at 剣淵」体験レポート

「運転しやすく、居心地がいい。人間の感覚にすごく近いクルマですね。」
マツダの新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」を体感

イベント体験レポートを見る

*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成31年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成31年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。


平成29年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)の受付期間短縮について

【変更前】車両の初度登録日 平成30年3月2日(金) 申請書受付締切日 平成30年3月5日(月)
【変更後】車両の初度登録日 平成30年1月31日(水) 申請書受付締切日 平成30年2月5日(月)

【留意事項】
・受付締切日より前に予算枠を超過する場合は、申請の受付締切日がさらに前倒しとなります。予算残額は次世代自動車振興センターのホームページにて公開予定です。2月5日(月)の申請受付終了時点で予算残額がある場合でも、継続して申請受付をすることはなく、終了します。(詳しくはこちら 次世代自動車振興センター
・なお、平成30年2月1日以降の登録車両については来年度事業での申請対象とする方向で経済産業省が検討しています。
・ただし、来年度事業では、補助制度の内容によっては補助対象とならない車両や補助金額が変更される車両が出てくる可能性がありますのでご承知置きください。また、来年度の申請受付開始は4月以降となります。