走行性能

進化を遂げたガソリンエンジン・ディーゼルエンジン。

マツダが目指す理想に向けて、ガソリンエンジン・ディーゼルエンジンともに進化を遂げました。
新たなエンジンを載せたCX-5。これまで以上に深い「走る歓び」を、乗る人すべてにお届けします。

SKYACTIV TECHNOLOGY

SKYACTIV TECHNOLOGY


世界でいちばん走りが楽しいと
感じてもらえるクルマをつくりたい。

マツダはこれからも、究極の「人馬一体」に向かって、立ち止まることなく技術革新に挑み続けます。

PERFORMANCE & COMFORT

PERFORMANCE & COMFORT


こだわりは、大切な人と心地よい時を過ごすために。

乗員が走りを気持ちよく楽しめるさまざまな創意工夫とともに、地球環境保護への貢献を目指します。

SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS

SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS


人とクルマは、もっとひとつになれる。

マツダが磨き続けてきた「人馬一体」がいま、さらなる進化を遂げました。
※画像はオプション装着車です。

i-ACTIV AWD

i-ACTIV AWD


i-ACTIV AWDが、そのシーンを楽しさと安心に変える。

4WDシステムの開発でも、スカイアクティブ テクノロジーとのコンビネーションによって、マツダらしい走る歓びを追求。

EXTERIOR DESIGN


CX-5が駆け抜ける動画に合わせ、開発主査とチーフデザイナーが新型CX-5の魅力を語ります。

2017年1月時点の内容です。

  

  

CX-5の魅力

安全性能

エクステリア

インテリア

マツダのクルマづくり

Dynamics

人馬一体を進化させる
MAZDAのクルマづくりをご紹介します。

ダイナミクストップへ

マツダを体感

「G-ベクタリング コントロール」清水和夫氏 試乗レポート

「G-ベクタリングコントロール」
モータージャーナリスト清水和夫氏 試乗レポート

試乗レポートを見る

*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成31年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成31年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。


平成29年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)の受付期間短縮について

【変更前】車両の初度登録日 平成30年3月2日(金) 申請書受付締切日 平成30年3月5日(月)
【変更後】車両の初度登録日 平成30年1月31日(水) 申請書受付締切日 平成30年2月5日(月)

【留意事項】
・受付締切日より前に予算枠を超過する場合は、申請の受付締切日がさらに前倒しとなります。予算残額は次世代自動車振興センターのホームページにて公開予定です。2月5日(月)の申請受付終了時点で予算残額がある場合でも、継続して申請受付をすることはなく、終了します。(詳しくはこちら 次世代自動車振興センター
・なお、平成30年2月1日以降の登録車両については来年度事業での申請対象とする方向で経済産業省が検討しています。
・ただし、来年度事業では、補助制度の内容によっては補助対象とならない車両や補助金額が変更される車両が出てくる可能性がありますのでご承知置きください。また、来年度の申請受付開始は4月以降となります。