人的ミス/運転負荷を軽減する安全技術

目前に迫った事故の回避、被害軽減をサポートする。

衝突被害軽減ブレーキやAT車のペダル踏み間違いによる事故を低減する技術や、
0km/hから高速域まで状況に応じて追従走行できるクルーズコントロールなどが、より快適で安全な運転をサポート。

全グレード標準装備

ワイド国が推奨する新しい自動車安全コンセプト「セーフティ・サポートカーS」の「ワイド」に該当するための技術。

  

  

ワイド

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)*1*4

「i-ACTIVSENSE」技術紹介:アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)

先行車や前方の歩行者をカメラで検知し(対車両:約4~80km/h走行時、対歩行者:約10~80km/h走行時)、ブレーキを自動制御して衝突回避をサポートします。

(標準装備:全車)

予防安全性能評価「ASV++」対象装備

  

  

ワイド

AT誤発進抑制制御[前進時]*2*3*4

ペダルの踏み間違いによる誤発進を抑制する

AT誤発進抑制制御[前進時]イメージ図
AT誤発進抑制制御[前進時]イメージ図

約10km/h以下での徐行前進や停車時は、カメラやフロントの超音波センサーで前方の障害物を検知し、ペダルの踏み間違いなどによる誤発進・急加速を抑制します。

(標準装備:全車)

※カメラはフロントガラス上部に設置、超音波センサーはフロントバンパーに設置。

  

  

スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)*2*4

後退時に車や障害物を検知する

SCBS Rイメージ図
SCBS Rイメージ図

約2~8km/h以下で後退時に、超音波センサーで障害物をとらえ、衝突の危険性を判断。ブレーキを自動制御し衝突の被害を軽減します。

(標準装備:全車)

  

AT誤発進抑制制御[後退時]*2*3*4
 

ペダルの踏み間違いによる誤発進を抑制する

SCBS Rイメージ図
AT誤発進抑制制御[後退時]イメージ図

約10km/h以下での徐行後退や停車時、後方に障害物があるにも関わらず、アクセルが一定以上踏み込まれた場合に、警報と同時にエンジン出力を抑えて急発進を抑制します。

■リアパーキングセンサー(センター/コーナー):リアバンパーの超音波センサーで近距離の静止物を検知し、警告音でドライバーに知らせます。

(標準装備:全車)

さらに安全性を高める装備

  

スマート・ブレーキ・サポート(SBS)*2*4

前方車との衝突危険を検知する

スマート・ブレーキ・サポート
SBS作動イメージ図

約15km/h以上で走行中、カメラと遠くまで検知できるミリ波レーダーで先行車を捕捉。衝突の危険があると判断すると音や表示で警告、さらにはブレーキを自動制御し、衝突時の被害軽減や衝突の回避をサポートします。

(標準装備:20S PROACTIVE、25S PROACTIVE、XD PROACTIVE、25S L Package、XD L Package)

予防安全性能評価「ASV++」対象装備

  

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]*2*4

先行車との速度差や車間距離を計測してエンジンとブレーキをコントロールし、設定した車間距離を保つよう自動で車速を調整するシステム。0km/hから高速域まで追従走行できます。追従走行中に先行車が停止すると自車も減速して停止し、先行車が発進するまで停止状態を保持。再発進はドライバーの操作で行い、再発進後は自動で先行車の速度に合わせて加速します。また停車時、先行車が発進したことをドライバーに知らせる先行車発進報知機能を備えています。

(標準装備:20S PROACTIVE、25S PROACTIVE、XD PROACTIVE、25S L Package、XD L Package)

※自車が停車後、3秒以内に先行車が発進した場合は、制御は継続しており、ドライバーの操作なしで先行車に追従します。

  

定速走行(例:100km/hに設定した場合)

設定した速度で、定速走行を開始。

視線移動の少ない7インチWVGAセンターディスプレイ
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロールイメージ図

追従走行

設定車速内で先行車に合わせて速度を調整し、一定の車間距離を保ちながら追従。

視線移動の少ない7インチWVGAセンターディスプレイ
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロールイメージ図

先行車の車線変更を検知し、設定速度までスムーズに加速。

視線移動の少ない7インチWVGAセンターディスプレイ
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロールイメージ図

停止保持

先行車の減速・停止に追従して、自車も停止。再発進後は自動で先行車に合わせて加速。

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロールイメージ図
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロールイメージ図

  

  

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)*4*5

車線逸脱を制御する/車線に沿った走行をアシストする

LAS作動イメージ図
LAS作動イメージ図

約60km/h以上で走行中、車線逸脱を防ぐためにステアリングをアシストする「逸脱回避支援(遅い)」、または、車線の中央やカーブに沿って走るようアシストする「ライントレース(早い)」の機能が選べます。

(標準装備:20S PROACTIVE、25S PROACTIVE、XD PROACTIVE、25S L Package、XD L Package)

予防安全性能評価「ASV++」対象装備

*1 対象物(特殊な外観をした車両や、部分的に見えている・もしくは隠れている車両や歩行者など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが連続する道路、夜間や夕暮れなど視界の悪い時など)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
*2 対象物(レーダー波または超音波を反射しにくい形状の車両など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
*3 道路状況(急カーブ、急な坂道など)、天候状況(雨・雪・霧など)、障害物の形状(低い・小さい・細いなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
*4 SCBS、AT誤発進抑制制御、リアパーキングセンサー、SBS、MRCC、LASは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
*5 天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(急カーブ・車線幅が極端に広い/狭い・車線の白線(黄線)が見えにくいなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。

●その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。

  

  

CX-5の魅力

走行性能

エクステリア

インテリア

マツダのクルマづくり

Safety

マツダは小さなクルマでも
安全性能に差をつけない。

セーフティトップへ

マツダを体感

Experience

開発者が語る「マツダの安全は自動ブレーキだけでは終わらない」
マツダの考える安全 開発者トークセッション

イベント体験レポートを見る

*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成31年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成31年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。


平成29年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)の受付期間短縮について

【変更前】車両の初度登録日 平成30年3月2日(金) 申請書受付締切日 平成30年3月5日(月)
【変更後】車両の初度登録日 平成30年1月31日(水) 申請書受付締切日 平成30年2月5日(月)

【留意事項】
・受付締切日より前に予算枠を超過する場合は、申請の受付締切日がさらに前倒しとなります。予算残額は次世代自動車振興センターのホームページにて公開予定です。2月5日(月)の申請受付終了時点で予算残額がある場合でも、継続して申請受付をすることはなく、終了します。(詳しくはこちら 次世代自動車振興センター
・なお、平成30年2月1日以降の登録車両については来年度事業での申請対象とする方向で経済産業省が検討しています。
・ただし、来年度事業では、補助制度の内容によっては補助対象とならない車両や補助金額が変更される車両が出てくる可能性がありますのでご承知置きください。また、来年度の申請受付開始は4月以降となります。