G-ベクタリング コントロール

人とクルマは、もっとひとつになれる。

マツダの提供価値の根幹である人馬一体の走行性能をさらに高める。
「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」は新世代車両運動制御技術の総称です。

「人馬一体」の走りをさらに進化させ、「走る歓び」をすべての人に

SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICSの概念
SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICSの概念

マツダの人馬一体への飽くなき挑戦が生み出した新しいブレークスルー、それが「SKYACTIV-VEHICLEDYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)」。エンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーなどのスカイアクティブ テクノロジーの個々のユニットを統合的に制御し、全体最適の考え方で連携することによって、マツダの提供価値の根幹である人馬一体の走行性能をさらに高める新世代車両運動制御技術の総称です。

エンジンでシャシー性能を高める新発想の制御技術「G-ベクタリング コントロール(GVC)」※1

G-ベクタリング コントロール(GVC)の概念図

GVC搭載車

GVC非搭載車

マツダはこれまでも、人馬一体の走りに欠かせない減速・旋回・加速といった車両運動の連係性、すなわち「なめらかなG(加速度)のつながり」を追求してきました。これを「ダイナミクス性能の統一感」と呼び、ブレーキ・ハンドル・アクセルなどの操作感や応答性に一貫性を持たせることで人が運転しやすい車両特性を実現してきました。

G-ベクタリング コントロール(GVC)作動イメージ

G-ベクタリング コントロール(GVC)作動イメージ
*写真はATENZAです。

GVCは、マツダがこれまで取り組んできた「統一感」をさらに進化させるため、「エンジンでシャシー性能を高める」という新発想と、人間中心の開発思想に基づいて開発されました。機械の効率のみを考えて制御するのではなく、「人間を中心に、人間の特性に基づいてクルマがどうあるべきかを考える」という開発哲学に基づいて、より多くの人に「なめらかなG(加速度)のつながり」を提供します。GVCはドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで、これまで別々に制御されていた横方向と前後方向のG(加速度)を統合的にコントロールし、4輪への接地荷重を最適化してスムーズで効率的な車両挙動を実現する世界初※2の制御技術です。

タイヤの接地状態の最適化によって車両がよりドライバーの意図通りに動くようになり、無意識のものも含めたハンドルの修正操作が減少。思った通りのラインに沿って走ることができるようになり、クルマとの一体感が増して運転への自信が高まるほか、長距離運転などでの疲労蓄積も抑制されます。また、ドライバーや同乗者にかかるGの変化がよりスムーズになることで、体の揺れが減って乗り心地も改善します。さらには、雨の日や雪道などの滑りやすい路面での車両の操縦性と安定性も改善され、運転時の接地感や安心感が高まります。

(搭載グレード:全車)

※1 G-Vectoring Control:車両の加速度(G)を方向付ける(Vectoring)制御(Control)
※2 2016年6月現在の量産車として(マツダ調べ)

G-ベクタリング コントロール(GVC)作動イメージ

G-ベクタリング コントロール(GVC)作動イメージ

  

  

CX-8の魅力

エクステリア

インテリア

安全性能

  

マツダのクルマづくり

Dynamics

人馬一体を進化させる
MAZDAのクルマづくりをご紹介します。

ダイナミクストップへ

マツダを体感

「G-ベクタリング コントロール」清水和夫氏 試乗レポート

「G-ベクタリングコントロール」
モータージャーナリスト清水和夫氏 試乗レポート

試乗レポートを見る

*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*エコカー減税対象車は、「クリーンディーゼル乗用車」および「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU‐LEV)認定車」かつ「平成32年度燃費基準+20%」「平成32年度燃費基準+10%」「平成32年度燃費基準」「平成27年度燃費基準+10%」「平成27年度燃費基準+5%」達成車です。エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成30年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成30年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
*エコカー減税については、要件が段階的に引き上げられるため、取得税は平成30年4月1日以降、重量税は平成30年5月1日以降、減税率が変更となる場合がございます。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。


*平成29年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について
●申請対象となる車両の初度登録期間:平成29年4月28日〜平成30年3月2日
●申請書受付期間:平成29年5月29日〜平成30年3月5日(必着)
●個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:①初度登録日が平成29年4月28日〜5月31日の間の車両の提出期限は、平成29年7月31日まで(消印有効)、②初度登録日が平成29年6月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。
●補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
●補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
●詳しくは営業スタッフにおたずねください。