HERO

走行性能

プレマシーの走りの進化は、いつもの道をいつものように運転してみればすぐにわかります。

クルマを意のままに操れる、
上質かつダイナミックなドライビングフィール

多彩なシーンで活躍するミニバンだからこそ、誰もが“気持ちいい”と感じる走りを目指しました。ドライバーには、自分のイメージ通りに走り、曲がり、止まるスムーズな運転感覚を。同乗するご家族には長時間でも快適に楽しめる安定した上質な乗り心地を。いつもの道をいつものように走ってみれば、プレマシーの進化がわかります。


マルチリンク式リアサスペンション

爽快なドライブを支える、
強いボディとしなやかなサスペンション

全車に、高い局部剛性を持つボディと、フロント:マクファーソンストラット式/リア:マルチリンク式のサスペンションを採用。高速走行時の安心感を支える優れた直進安定性、スポーティでなめらかな操縦性、そしてしなやかで上質な乗り心地を実現しています。

滑りやすい道でも安定した走りをサポートする4WD

20Cと20Sは、MZR 2.0Lエンジンと電子制御4速AT、路面状況に応じて前後輪へのトルク配分を最適に電子制御するアクティブトルクコントロールカップリング4WDシステムを採用。4W-ABS(4輪アンチロック・ブレーキ・システム)との協調制御により、滑りやすい道などでの安定した走りをサポートします。

無駄を抑えた運転で、さらに楽しい走りへ
インテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM)。

インテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM)

アクセルの踏み込み過ぎ、急ブレーキ、ステアリングの切り過ぎなど、運転操作の中には多くの無駄が潜んでいるものです。
この無駄が少ないほど走りは快適になり、燃料消費を抑えることにも役立ちます。プレマシーの走りをもっと楽しくするために、i-DMが無駄を抑えたスムーズな運転をサポートします。

(標準装備:20C-SKYACTIV、20S-SKYACTIV、20S-SKYACTIV L Package)

見やすくわかりやすい2つの機能、「コーチング」と「ティーチング」。

走行中にはランプの色やゲージの動きで運転操作の状態を示し(コーチング機能)、運転終了後にはそのドライブで獲得したスコアや到達レベルなどを表示(ティーチング機能)。このため、どのような運転がよいのかが直感的に分かるとともに、運転するたびにスキルアップを実感できます。

(1)コーチング機能

ドライバーのアクセル・ブレーキ・ステアリング操作が、クルマの動きにどのように影響したかをリアルタイムに判定し、マルチインフォメーションディスプレイ(MID)のゲージに表示。そのときの運転操作の状態がひと目でわかるため、走りを楽しみながら運転のスキルアップができ、燃料の無駄も抑えられます。

やさしい運転

前後・左右の動きが穏やかなやさしい運転をするとグリーンランプが点灯。乗員が不快に感じるような揺れが抑えられ、燃費の向上にもつながります。

しなやかな運転


なめらかで的確な運転をするとブルーランプが点灯。この状態では、ドライバーが運転を楽しみ、爽快に走りながらも、無駄を抑えた動きとなります。その結果、揺れによる乗員の不快感や燃費の悪化も最小に抑えられます。

体が揺れる運転
アクセル・ブレーキ操作評価結果 ハンドル操作評価結果

体が揺れる運転


急加速や急ブレーキ、急なステアリング操作などでクルマの動きが乱れ、車体の揺れが起きると、左右のゲージがそれぞれ3段階に点灯します。点灯する量が多いほどクルマは無駄のある動きをしています。乗員にとっては不快で燃費にも良くない状態です。

(2)ティーチング機能

スコア表示例
スコア表示例

アドバイス表示例
アドバイス表示例

運転を終了すると、今回の運転操作に対するスコアと、文字によるアドバイスをメーター内のマルチインフォメーションディスプレイ(MID)に表示します。ドライブごとのスコアは保存され、高スコアを獲得し続けると、運転スキルのレベルを示す「ステージ」が1st→2nd→3rdとアップ。ステージが上がるごとに運転スキルの上達を実感することができます。

すっきりワイドな視界で、運転に余裕がもてる。

上方も斜め前もしっかり確認

すっきりワイドな視界で、運転に余裕がもてる。

すっきりワイドな視界で、運転に余裕がもてる。

プレマシーの運転のしやすさは、視界の広さにも支えられています。例えば、ボンネットの形状などを最適化し、上方・下方の広い視界と前方の見通しやすさを実現 。さらに、歩行者などを確認しやすいよう、フロントドアのウインドーに大きめのコーナー窓を設けています。また、ドアミラーの鏡面が大きく、側方から後方の状況確認をしやすくしています。

運転席から見にくい範囲を画面で確認

運転席から見にくい範囲を画面で確認
※イラストは、実際のカメラ可視範囲とは異なります。

車両の前方・左側方・後方の映像をナビゲーション システム(ショップオプション)のディスプレイに表示。 バックや並列・縦列駐車の時、運転席から見にくい範囲の確認をサポートします。
(1)メーカーセットオプションまたは、ショップオプション
(2)(3)ショップオプション

バックカメラ(※1)/ナビゲーションディスプレイ画面(※2)
バックカメラ(※1)/ナビゲーションディスプレイ画面(※2)


フロントカメラ(※3)/ナビゲーションディスプレイ画面(※2)

サイドカメラ(※4)/ナビゲーションディスプレイ画面(※2)
サイドカメラ(※4)/ナビゲーションディスプレイ画面(※2)

※1 バックカメラは、全車にメーカーセットオプション。 
※2 ナビゲーションシステム、フロントカメラ、サイドカメラはショップオプションです。またバックカメラはショップオプションでもご用意しています。詳しくはショップオプションカタログをご覧ください。
※3 字光式ナンバープレートを装着されますと、カメラの映像に影響を及ぼすためバックカメラとの同時装着はできません。
※4 ディスプレイ画面では確認できない範囲があります。ご使用の際は直接車両周辺をご確認ください。
※ 詳しい操作方法や機能は取扱書をご確認ください。
※ 各カメラ映像の画面はイメージです。実際のものとは異なります。

シートポジションを細かく調整できる。

チルト&テレスコピックステアリング
チルト&テレスコピックステアリング

ラチェットレバー式シートリフター
ラチェットレバー式シートリフター

運転姿勢はとても自然。しかも、ハンドルの位置を上下・前後に調整できるチルト&テレスコピックステアリング、レバーを軽く操作するだけでシートの高さを調整できるラチェットレバー式シートリフターなどを装備。体格に合った適正なポジションを取りやすくしています。

小回りがきくから、苦手な狭い駐車場もラクラク。

小回りがきくから、苦手な狭い駐車場もラクラク。

狭い場所でも余裕の最小回転半径5.3m


広い室内空間を実現するワイドボディで、5ナンバークラス(*)同等の小さな最小回転半径を実現。狭い路地や駐車場で小回りの良さが実感できます。
*排気量1,500cc~2,000cc(3列シート国産乗用車)。

駐車場では軽く、高速ではピタッと安心のハンドル操作


低速走行時には軽い力でハンドルを操作でき、駐車場などでの取り回しがラクラク。
そして高速走行時には正確でしっかりとした手ごたえを発揮します。

瞬間再始動のアイドリングストップ機構「i-stop(アイ・ストップ)」を2WD(FF)車に標準装備。

i-stop(アイ・ストップ)

ブレーキを踏んで停車するとエンジンを自動的に休止。ブレーキを離すと、エンジン内に燃料を直接噴射して燃焼させ、エンジンを自動的に瞬間再始動。燃費向上に貢献するとともに快適なドライビングをお届けします。

(標準装備:20C-SKYACTIV、20S-SKYACTIV、20S-SKYACTIV L Package)

より低燃費で振動の少ない瞬間再始動

エンジンの吸気バルブのタイミングを電子制御するS-VT(シーケンシャル・バルブタイミング) を利用することで、再始動に必要な燃料を従来型i-stopの約半分に削減。より振動が少なく、約0.35秒でのスムーズな再始動と低燃費を実現しました。

念入りな条件設定で安全と快適さをサポート

暖機の状態、室内温度などさまざまな条件に加えて、ブレーキの踏み具合やシフト、ステアリングなどのドライバー操作を細かく観察。安全と快適性を維持しながら、ドライバーの意図に沿ってエンジンの休止・再始動をコントロールします。

i-stopが可能な時、またはi-stop中にメーター内の表示灯がグリーンに点灯

i-stop作動時間をマルチインフォメーションディスプレイ(MID)に表示

1回のドライブ(イグニッションONからOFFまで)でのi-stop作動時間と、メーカー出荷時から現在までのi-stop作動時間の累積を、メーター内のMIDに表示。また、ドライブ中にi-stopが作動すると、画面が自動的に切り替わってi-stop作動時間をカウント表示、アイドリングストップしていた時間を確認できます。


*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*エコカー減税対象車は、「クリーンディーゼル乗用車」および「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU‐LEV)認定車」かつ「平成32年度燃費基準+20%」「平成32年度燃費基準+10%」「平成32年度燃費基準」「平成27年度燃費基準+10%」「平成27年度燃費基準+5%」達成車です。エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成30年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成30年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
*エコカー減税については、要件が段階的に引き上げられるため、取得税は平成30年4月1日以降、重量税は平成30年5月1日以降、減税率が変更となる場合がございます。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。


*平成29年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について
●申請対象となる車両の初度登録期間:平成29年4月28日〜平成30年3月2日
●申請書受付期間:平成29年5月29日〜平成30年3月5日(必着)
●個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:①初度登録日が平成29年4月28日〜5月31日の間の車両の提出期限は、平成29年7月31日まで(消印有効)、②初度登録日が平成29年6月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。
●補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
●補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
●詳しくは営業スタッフにおたずねください。