機能性

すべては「人馬一体」を楽しみ、
人生を心地よく駆けるために。

実用的な使いやすさを追求したトランクスペース。コンソール周りとシート周りに配備した使い勝手のよい収納スペース。
ロードスターならではのコンパクトパッケージに、人生を心地よく駆けるためのさまざまな機能が装備されています。

Boseサウンドシステム(AUDIOPILOT™2)+9スピーカー

Boseサウンドシステム(AUDIOPILOT(TM)2)+9スピーカー

Bose社と共同開発したロードスター RF専用のシステムを設定。ヘッドレストにはスピーカーを内蔵し、Bose独自のTrueSpace®テクノロジーによる音響チューニングを施しました。耳元にありながら、オープン走行中でも広がりのあるサウンドを楽しめます。さらに、AUDIOPILOT™2走行ノイズ補償システムが各種のノイズとオーディオ音が重なったところを自動補正。さまざまな環境で聴きやすいサウンドを実現します。

(標準装備:VS、RS)
(メーカーセットオプション:S)

動画で詳しく

マツダブランドスペース大阪 体感イベント

ドライバーだけでなく、乗る人すべてが音楽や会話を楽しめる、上質な室内空間を目指して。
マツダと音響メーカーBoseが共創する音響空間づくりに込めた想いをご紹介します。

シートヒーター

座面と背もたれをすばやく暖め、寒い時期のオープン走行時などにも快適な運転環境を提供します。

(標準装備:全車)

マルチボックスを備えた実用的な独立型トランク

マルチボックスを備えた実用的な独立型トランク

トランク容量は127L(VDA方式。マルチボックス容量3Lを除く)。航空機持ち込み可能※1なキャリーバッグ2個を収納できる、ソフトトップモデル同等の実用的なスペースです。また、マルチボックスは小物の収納などに便利です。

※1 55cm×40cm×25cm 以内のサイズ

(標準装備:全車)

脱着式カップホルダー

脱着式カップホルダー

助手席側のカップホルダーは、フロントコンソール助手席側またはセンターコンソール後端に設置できます。取り付け部の構造を最適化したことで、脱着のしやすさとしっかり感をより高めました。カップホルダーの素材の一部には、新開発のバイオエンジニアリングプラスチックを採用。環境負荷の低減に貢献するとともに、無塗装でありながら高い品質を実現します。

(標準装備[2個]:全車)

収納スペース

収納スペース
Photo:センターコンソールボックス

●フロントコンソール:外部接続ハブ付で携帯電話等を充電しながら置いておけます。
●センターコンソールボックス(リッド付):サングラスなどの小物の収納に最適。
●リアコンソールボックス(キー付):オープンのままクルマから離れる際にも安心のキー付。
●リアストレージボックス(リッド付[運転席]):シートバックの後ろの収納スペース。

(標準装備:全車)

  

  

ロードスター RFの魅力

Be a driver.

マツダのクルマづくり

誰もが光る何かを持っている。
その可能性を信じて、理想とするクルマを追い求めつづけます。

マツダのクルマづくりトップへ

 

マツダを体感

Experience

マツダは人とクルマの関係を深める、
さまざまな体験の場を用意しています。

Be a driver. Experienceトップへ

*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成31年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成31年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。