上質なインテリア

個性と質感の高さが際立つインテリア。

質感高いVSのインテリアを個性的に彩る3つのカラーコーディネートが登場。
ロードスターから継承したコンパクトパッケージはそのままに、上質な室内空間へと仕立てました。


シートデザイン


VSの個性を際立たせる、3つのカラーコーディネート。

素材と色にこだわり抜いたレザーシート

素材と色にこだわり抜いたレザーシート
Photo:VS(MT車) Body Color:ソウルレッドクリスタルメタリック Seat:本革  Seat Color:スポーツタン
*シート背もたれの前面、サイドサポート部内側、シート座面、ヘッドレスト前面に本革を使用しています。

初代ロードスターをはじめ、世界のスポーツカーに採用されてきたタンカラー。上品さはもちろん、爽快な走りをも期待させる色合いを丹念に造り込み、ロードスター専用色「スポーツタン」として新設定しました。精悍な「ブラック」、上質さが際立つナッパレザーの「オーバーン」と合わせて、質感高いVSのインテリアを個性的に彩る3つのカラーコーディネートを用意しています。

(対象グレード:VS)

本革※1・スポーツタン

本革※1・ブラック

ナッパレザー※3・オーバーン

外装色「マシーングレープレミアムメタリック」× 内装色「オーバーン」が「オートカラーアウォード2016」グランプリを受賞

外装色「マシーングレープレミアムメタリック」× 内装色「オーバーン」が 「オートカラーアウォード2016」グランプリを受賞

受賞理由

●マツダが目指してきたCMF(カラー、マテリアル、フィニッシュ)によるブランド構築の集大成とも言える優れたカラーデザインである。

●CMFと形状が一体となって、非常に調和した美しさを持っている。

●マシーンの鉄をイメージさせるグレーを、液体を思わせるような金属感により、グラマラスでセクシーなデザインとして作り上げた。

  

ひと目で刺激的な走りを予感させるRECARO社製シート
(搭載グレード:RS)

心地よい触感と高いグリップ力を兼ね備えたファブリックシート
(搭載グレード:S)


「人馬一体」を手の内で楽しむ、圧倒的なコンパクトパッケージ

「人馬一体」を手の内で楽しむ、圧倒的なコンパクトパッケージ。
Photo:VS(AT車) Seat:ナッパレザー Seat Color:オーバーン
*シート背もたれの前面、サイドサポート部内側、シート座面、ヘッドレスト前面にナッパレザーを使用しています。

ソフトトップモデルからの外観諸元の変化は、ルーフの丸みによって10mm上がった全高1,245mm(ソフトトップモデルは1,235mm)のみ。それ以外は、全長3,915mm、全幅1,735mm、ホイールベース2,310mmのコンパクトパッケージをそのまま継承しています。そのうえで、ルーフのハードトップ化による重量増を約45kg、車両全体でも約60~80kg増に抑えるなど軽量化にもこだわり抜きました。
ロードスター RFは電動格納式のハードトップを採用しながら、クルマの動きを手の内で操り、軽快に駆け抜ける感覚をまったく犠牲にしていないのです。

居住性を犠牲にしない、徹底的なつくり込み

居住性を犠牲にしない、徹底的なつくり込み。
Photo:VS(AT車) Seat:ナッパレザー Seat Color:オーバーン
*シート背もたれの前面、サイドサポート部内側、シート座面、ヘッドレスト前面にナッパレザーを使用しています。

室内側では、ハードトップ化によってヘッドクリアランスが890mm(ソフトトップモデル対比-15mm)となりましたが、居住性としてほとんど変わりありません。実は、このヘッドクリアランスの数値は、ボディサイズやキャビンの形状がまったく異なる先代モデル(NC型)のハードトップモデルとほぼ同じ。コンパクトな4代目ロードスターのパッケージングが、いかに効率的につくられているかがよくわかる比較です。

*インテリアの画像は点灯状態を演出しています。
*モニター画面はハメ込み合成です。

  

  

ロードスター RFの魅力

マツダのクルマづくり

Design

マツダ独自のデザイン思想
「魂動デザイン」をご紹介します。

デザイントップへ

マツダを体感

「抜群にセンスがいい。こんなデザインの日本車があるんだと驚きました。」 「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」体験レポート

「抜群にセンスがいい。こんなデザインの
日本車があるんだと驚きました。」
「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」体験レポート

イベント体験レポートを見る

*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成31年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成31年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。