ドライビングダイナミクス

「人馬一体」を楽しむ。そのこだわりは、全身に及ぶ。

操る楽しさを極める「RS」グレード専用装備をはじめ、ロードスターには走りを楽しむためのこだわりの装備を採用。

ダイナミックキャラクタリスティック(操縦安定性)

ロードスターならではの「人馬一体」の走りを感じるシーン

ロードスターならではの「人馬一体」の走りを感じるシーン

ターンイン -安心感のある減速フィール-

4代目(ND型)ロードスターではピッチセンターを後方化し、ドライバーの頭とほぼ同等の位置としました。これにより、制動時には従来のアイポイントが浮き上がるような動きから、アイポイントがほとんど動くことなく、なおかつフロントへの荷重移動がしっかりと把握できるクルマの挙動を実現しています。そして、ターンインではフロントの外輪にしっかりと荷重がかかった理想的なダイアゴナルロールを実現。車両の挙動をつかみやすいボンネットやフロントフェンダーの造形と相まって、クルマの動きを予測しやすくしています。

コーナリング -旋回時の挙動のつかみやすさ-

コーナリング中の挙動では、FR車ならではのニュートラル感を実現しています。ニュートラル感とは、コーナリング中の車両の向きとドライバーの前方視線を一致させることでクルマとの一体感が高まり、自然な旋回姿勢を感じ取れる感覚のこと。4代目(ND型)ロードスターはダブルピニオン式電動パワーステアリングの採用により、路面からの不快なステアリング振動を遮断するとともに、ステアリングから正確で正直なフィードバックがドライバーに伝わります。これにより、クルマを操る感覚をより高めています。

ターンアウト -気持ちのいい加速感-

4代目(ND型)ロードスターの走りがもっとも光るシーン、それがコーナーの立ち上がり。クリッピングポイントからアクセルを踏み込み、リアタイヤに荷重を乗せながらステアリングを徐々に戻して加速します。このシーンは、まさにFRスポーツカーの醍醐味とも言えます。この醍醐味を存分に楽しめるよう、4代目(ND型)はサスペンションのジオメトリーを最適化し、後輪への荷重移動時に路面をしっかりととらえられるようにしています。また、アクセルによる後輪へのトルク伝達のレスポンスを向上させるとともに、トルク特性をリニア化。意のままの加速コントロールを実現しました。さらに、電動パワーステアリングの戻り側の特性も造り込むことで反力を抑え、狙ったラインを正確にトレースしながら自然にステアリングを戻すことを可能にしています。

アルミダイキャスト製
エンジンヘッドカバー

アルミダイキャスト製エンジンヘッドカバー

ボンネットを開けた瞬間に強い存在感を放つエンジンには、極薄のアルミダイキャスト製ヘッドカバーを採用。エンジンルームの中に輝くシンプルな造形が、ロードスターを所有する歓びを増幅させます。

(標準装備:全車)

鍛造クランクシャフト

鍛造クランクシャフト

ロードスターのSKYACTIV-G 1.5専用設計。フルカウンターウェイトのスチール製で、鍛造の限界まで軽量化を追求しました。

(標準装備:全車)

軽量フライホール

軽量フライホール

回転の惰性モーメント低減を徹底的に突き詰め、リニアなレスポンスと7,500rpmまで一気に吹け上がるスムーズなフィーリングを実現しています。

(標準装備:MT車のみ)

トルクセンシング式スーパーLSD

トルクセンシング式スーパー LSD
Photo:S Special Package

アクセル操作に対するリニアなレスポンスとダイレクトなフィーリングがスムーズな車両姿勢コントロールを可能とし、軽快かつ意のままの操縦安定性を実現します。

(標準装備:S Special Package MT車のみ、S Leather Package MT車のみ、RS、Caramel Top MT車のみ)

パワー・プラント・フレーム[アルミ製](PPF)

パワー・プラント・フレーム[アルミ製](PPF)
Photo:S Special Package(MT車)

デビュー以来ロードスターが受け継いできた、パワーユニットとファイナルドライブユニットをリジッドに結合するPPF。コの字型断面の採用、開口部の拡大などによってさらに軽く、高剛性に進化させ、人馬一体の走りをより際立たせています。

(標準装備:全車)

RECARO社製シート

RECARO社製シート

骨盤の動きを抑えるRECARO社独自の構造により、RSの走りを安心して楽しめる高い剛性感とホールド性を実現。

(標準装備:RS)

ビルシュタイン社製ダンパー

ビルシュタイン社製ダンパー

RS専用の綿密なチューニングを施し、より一体感のあるコーナリングを実現。

(標準装備:RS)

大径ディスクブレーキ

大径ディスクブレーキ

よりスポーティな走りでもリニアなコントロール性と確かな制動力を発揮。

(標準装備:RS)

フロントサスタワーバー

フロントサスタワーバー

左右ダンパーユニット上部とカウル部を中空スチール製のバーで結合することで、ボディ剛性を向上。

(標準装備:RS)

インダクションサウンドエンハンサー

インダクションサウンドエンハンサー

エンジンの吸気脈動を躍動的なサウンドに増幅し、アクセル操作にシンクロした爽快なサウンドを響かせます。

(標準装備:RS)

意をもって操作すれば素直に応える。そんな胸躍る走りへ。

車両開発本部 操安性能開発部 戸田 良二

ドライバーの意思に忠実であること。そのレスポンスが“走る歓び”に直結します。

“人馬一体”の走りを実現するため、マツダではドライバーの意思に忠実に反応するようなサスペンションのセッティングを大切しています。コーナーを曲がる時、加速する時、自分の操作に素直にクルマが動く。そんな打てば響くような反応に、ドライバーはクルマを操る歓びを実感するのです。サスペンションの最終セッティングでは、繊細で感覚的な領域まで追求します。細かい差異を見極めるためには、同じ走りを繰り返して確認する必要があります。ある意味、自分自身がセンサーになりきることが必要です。そのためには、クルマからのメッセージを感じ取らなければなりません。どうすればクルマが素直に反応してくれるのか。チームで議論を重ねながら、理想の極点を目指して磨き込んでいくのです。ドライバーがクルマを育成し、クルマがドライバーを育成する“共育”という関係が、そこにはあるのです。

ドライバーの意思に忠実であること。そのレスポンスが“走る歓び”に直結します。
*画像は2015年発売当時の仕様です。

重要なのは、“全体のバランス”。ライトウェイトスポーツの醍醐味を追求して。

重要なのは、“全体のバランス”。ライトウェイトスポーツの醍醐味を追求して。
*画像は2015年発売当時の仕様です。

セッティングで重要なのは、複雑に絡み合う部品特性を調和させながら、クルマの動き全体のバランスを整えることです。まずはクルマの挙動が不自然でないことが大前提です。ロードスターは軽さを追求し、またオープンボディがゆえに、ちょっとしたことでバランスを崩してしまうことがありました。ダンパーやブッシュ特性のみならず、補強材の数mm分の厚みなど、足回り以外の領域まで見直すこともあります。そのような微妙な調整を繰り返しながら、ロードスターらしくクルマのコントロールが楽しくなる味付けを施していくのです。最終的には多くのドライバーにライトウェイトスポーツの醍醐味を感じてもらえるセッティングに仕上がったと思っています。

ビルシュタインのポテンシャルが実感できる乗り味。さらに気持ちのいい走りが満喫できます。

意のままの走りをいつでも味わえるのがロードスターの魅力ですが、さらに積極的にクルマをコントロールしたい人のために、RSグレードにはビルシュタイン製のダンパーを採用したセッティングを施しました。ビルシュタインさんとの共同開発で、さらに走りの質感を上げることができました。細かい振動が取り除かれ、クルマの挙動が滑らかになりましたね。狙いのチューニングによりこだわることができますし、タイヤの接地感も向上して、さらに気持ちのいい走りを楽しんでもらえると思います。ロードスターの理想の走りは、きっと人によって違います。それぞれのドライバーが好きな走りを追求できるのが、ロードスターのいいところです。よりスポーティな走りを体感できるRSの走りを存分に楽しんでいただけたらと思います。

ビルシュタインのポテンシャルが実感できる乗り味。さらに気持ちのいい走りが満喫できます。
*画像は2015年発売当時の仕様です。

  

  

ロードスターの魅力

エクステリア

安全性能

インテリア

マツダのクルマづくり

Dynamics

毎日の運転を、気持ちのいいものにする。
マツダが目指す人馬一体をご紹介します。

ダイナミクストップへ

マツダを体感

 「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」体験レポート

「デザインにしてもSKYACTIV技術にしても、常に上を目指す姿勢と実際に造り出すものが伴っているのが今のマツダ」
「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」体験レポート

イベント体験レポートを見る

*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成31年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成31年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。