オープン 詳細

造り込んだのは、オープンエアの開放感。

「感(Kan)」 ― 開放感の実現 ―


オープン

進化したソフトトップ


座ったまま、ワンアクションで軽々操作。

リリースボタンの位置をトップロックレバーの中央へ移動させたことで、ワンアクションでの直感的なオープン操作を可能にしました。

その上でより軽い力で操作できるよう、開け閉めの際に手をかける左右のリセスの位置を車両中央に近づけました。

さらに、開閉時の人の動きと力を発揮しやすい方向を人間工学の観点から検証し、リンクのジオメトリーを最適化。閉じ動作時にソフトトップの持ち上げをサポートするアシストスプリングの新採用と相まって、3代目(NC型)に比べると約半分の力で開閉操作を行えています。

座ったまま、ワンアクションで軽々操作。

ソフトトップ開閉操作のひと手間を省く新機能。

4代目(ND型)ロードスターには、ソフトトップ開閉時にサイドウインドーを自動的に少し下げる機能を新採用しています。オープン時はトップロックの解除と同時に、クローズ時はロックを解除してソフトトップの先端が乗員の頭上付近までくるとサイドウインドーが全開状態から少し下がり、これまで必要だった開閉時のサイドウインドー操作が不要となるため、より気軽にオープンを楽しめます。

ソフトトップ開閉操作のひと手間を省く新機能。作動イメージ

遮音性を高める新機能、パーシャルオープン/クローズ。

ソフトトップを閉じた状態でドアを開閉する際、サイドウインドーを自動で6mmほど上下させる新機能。サッシュレス構造のウインドーを採用するロードスターは高速走行時に車室外が負圧となり、サイドウインドーが外側に吸い出されて隙間ができるため、不快な音が室内に侵入しやすくなっています。そこで、パーシャルオープン/クローズ機能がウェザーストリップとリテーナーでサイドウインドーをしっかり拘束して吸い出しを抑制。不快な音の侵入を抑え、特に高速走行時の騒音の発生を効果的に低減します。

遮音性を高める新機能、パーシャルオープン/クローズ。

  

風のコントロール


オープンエアならではの気持ちよさ。

オープン走行時の風を気持ちよく感じられるよう、各部の形状を造り込んでいます。フロントクォーターウインドーを従来よりもコンパクトにして室内に入る風の量を適切に調節した上で、立体的なドアトリム上面の造形で風の流れをコントロール。人間が“快適”と感じる腕付近に当たる風の量を増やしました。

さらには、Aピラーやカウル、ミラー周りなどの形状を綿密に造り込むことで、顔付近や後ろから巻き込んでくる不快な風を抑えています。

オープンエアならではの気持ちよさ。

Aピラー&ヘッダーの後方化による不快な巻き込み風を抑制Aピラー&ヘッダーの後方化による不快な巻き込み風を抑制

ドアトリム形状の最適化により、心地よい風を導風ドアトリム形状の最適化により、心地よい風を導風

  

オープンカーとしての優れた空力性能。

現代のオープンカーは、空力特性とルーフの収納スペースの確保を優先するため、クローズド状態の美しさにウェイトが置かれることが多くなっています。一方、オープン状態で優美なスタイルを造り出すには、流麗で低いデッキエンドデザインが必要となるが、その造形は空力特性とは相反します。しかし、4代目(ND型)ロードスターは、そこをブレークスルーしました。ソフトトップの後端を下げるとともに左右を絞り込んだ「ティアドロップ型」のルーフデザインとしたことで、優れた空力特性と美しいスタイルを両立しています。

後端を絞り込んだティアドロップ型のルーフデザイン後端を絞り込んだティアドロップ型のルーフデザイン

もちろん、アンダーボディでの取り組みも徹底しています。床下を流れてきた空気を後方へ向かって勢いよく吹き上げる「空力グランドライン」のコンセプトを、オープンボディにも適用。重量を増やすことなくフロア中央付近での流速を落とさないよう、必要最小限のアンダーカバー類を設定してフラット化しています。

また、歩行者保護のために採用しているフロントバンパー下のロアスティフナーも空力パーツとして活用。フロントタイヤディフレクターへの導風孔を設けて、前後リフトバランスを最適化しました。

※カバーの設定はグレード、トランスミッションによって異なります。

アンダーボディの空力パーツ

アンダーボディの空力パーツ

1. フロントタイヤディフレクター
2. ラジエターアンダーカバー
3. エンジンアンダーカバー
4. トランスミッションアンダーカバー(前)
5. トランスミッションアンダーカバー(後)
6. リアタイヤディフレクター
7. 燃料タンクアンダーカバー

ロアスティフナーの導風孔ロアスティフナーの導風孔

導風孔からフロントタイヤディフレクターへの流れ導風孔からフロントタイヤディフレクターへの流れ

  

Bose®サウンドシステム(AUDIOPILOTTM2
+9スピーカー


オープンのまま、質感高いサウンドを楽しむ。

Bose社との共同開発で造り上げた、ロードスター専用システムを設定しています。
低音から高音までの幅広い再生帯域を実現するため、Aピラー根元の25mmソフトドームツイーター、左右ドアの165mmフルレンジスピーカー、助手席足元の大容量サブウーファーに加え、運転席・助手席のヘッドレストに45mmワイドレンジスピーカーを採用。
音域の異なる9つのスピーカーに高効率7チャネルハイブリッドアンプを組み合わせたシステム構成としています。

オープンのまま、質感高いサウンドを楽しむ。

1. 大容量サブウーファー(6L)
2. 45mm ヘッドレストスピーカー
3. 165mmドアフルレンジスピーカー
4. 25mmソフトドームツイーター

音の広がりを支えるヘッドレストスピーカー。

ヘッドレスト内部に設置した2つのワイドレンジスピーカーは、それぞれ外側へ向かって45°の角度を持たせ、広がりのある音響空間を実現しています。

これにより、オープン走行中の音楽はもちろん、ハンズフリー通話による会話もクリアに楽しめます。さらには、ソフトトップの開閉状態や、内装の素材(本革・ファブリック)による反響音の違いに合わせて音質を自動調整。シーンに応じた最適なサウンドを提供します。

音の広がりを支えるヘッドレストスピーカー。

  


マツダのクルマづくり

Dynamics

人馬一体を進化させる
MAZDAのクルマづくりをご紹介します。

ダイナミクストップへ

マツダを体感

「みんモー with ROADSTER」ターンパイク箱根 体験レポート

感性豊かなファンの声が、開発者の判断力を磨いていく
「みんモー with ROADSTER」ターンパイク箱根 体験レポート

イベント体験レポートを見る

*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*エコカー減税対象車は、「クリーンディーゼル乗用車」および「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU‐LEV)認定車」かつ「平成32年度燃費基準+20%」「平成32年度燃費基準+10%」「平成32年度燃費基準」「平成27年度燃費基準+10%」「平成27年度燃費基準+5%」達成車です。エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成30年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成30年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
*エコカー減税については、要件が段階的に引き上げられるため、取得税は平成30年4月1日以降、重量税は平成30年5月1日以降、減税率が変更となる場合がございます。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。


*平成29年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について
●申請対象となる車両の初度登録期間:平成29年4月28日〜平成30年3月2日
●申請書受付期間:平成29年5月29日〜平成30年3月5日(必着)
●個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:①初度登録日が平成29年4月28日〜5月31日の間の車両の提出期限は、平成29年7月31日まで(消印有効)、②初度登録日が平成29年6月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。
●補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
●補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
●詳しくは営業スタッフにおたずねください。