レビュー

ロードスターについての皆様からの評価をご紹介

オーナーのみなさんや試乗された方からいただいた評価やボイスをご覧ください

AWARDS

ロードスターが、皆様のおかげで名誉ある賞を受賞することができました。

私たちの挑戦を支えてくださった皆様に、深く深く、感謝いたします。
これからも、走る歓びにあふれたクルマをつくりつづけていきます。
Enjoy driving!

WCOTY

マツダ ロードスターでは、マツダは設計図を白紙に戻し原点に返った。
1989年に発表した初代ロードスターの、あの原点である。
より短く、低く、幅広く、そして何より重要なことである、より軽くなったロードスターは1.5Lあるいは2.0Lの自然吸気のガソリンエンジン搭載。
他のクルマでは実現し得ない人馬一体感を必ず感じることが出来るクルマである。
そしてもちろん、今も変わらず運転を楽しむ者にとって最高のクルマの中の1台だ。
(出典:ワールド・カー実行委員会)

WCDOTY

マツダ ロードスターのエキサイティングで他とは全く違った斬新なデザインは、ユニークなスモールスポーツカーというこのクルマの存在に完全にマッチしている。
初代ロードスターのデザインスピリットを継承しつつも、間違いなくマツダファミリーの一員とわかるデザインは、今の時代の最先端の美しさを表現している。
すべてにおいて並外れたデザインである。
4代目ロードスターのフルモデルチェンジにおいてマツダは現代的で革新的な方向を選択した。
その機敏さや軽快感は視覚的に表現されていて、ロードスターの伝統は継承されている。
100メートル離れたところからでもロードスターだとわかるだけでなく、同時に4代目ロードスターだということがすぐに見て取れるデザインである。
(出典:ワールド・カー実行委員会)

2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞

明確なコンセプトを持ち、作り手の熱い情熱を感じさせるライトウエイトスポーツカーとして、その出来映えの素晴らしさは誰もが認めるところである。さらに初代登場の1989年以来、26年にわたってドライビングの楽しさを追求し続け、真のクルマ文化を根付かせたいと努力してきたマツダの企業姿勢についても高く評価した。
(出典:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)

日本自動車殿堂受賞

この年次に発売された国産乗用車のなかで、最も優れた乗用車としてマツダ ロードスターが選定されました。洗練されたオープンスポーツカーデザイン、軽量高剛性ボディによる卓越した走行性能と低燃費、進化したスカイアクティブ・テクノロジー、数々の優れた特徴をそなえた車です。ここに表記の称号を贈り、開発グループの栄誉をたたえ表彰致します。
(出典:日本自動車殿堂 イヤー賞選考委員会)