2つのロードスターが描く未来

世界中のスポーツカーファンから圧倒的な支持をいただき、ロードスターは2016年4月に世界累計生産台数100万台を達成しました。
ピュアなオープンスポーツの楽しさを研ぎ澄ましたソフトトップモデル、そして、美しいファストバックスタイルとこれまでにないオープンエア感覚による新しい世界観を提案するロードスター RF。
このクルマの誕生により、お客様の心の中に眠っていたたかぶりを呼び起こす、そんな出会いを創りたい。
そして、多様なライフスタイルを持つ様々な人々とオープンスポーツカーの楽しさを分かちあい、もっと多くの方々と、この2つのロードスターを通じた歓びとしあわせに満ちた人生を共有していけるように、これからも「守るために変えていく」挑戦を続けてまいります。

ロードスター開発の"志"

ロードスター開発の"志"

「守るために変えていく」

ロードスターを開発するにあたり、初代ロードスターの志に立ち返り、「人馬一体」と「Lots of Fun」を次の時代に継承していくというマツダの決意であり、ロードスター開発における挑戦を表すキーワードです。

「感」への徹底したこだわり

マツダ最新のスカイアクティブ テクノロジーと魂動デザインにより、クルマとしての進化はもちろんのこと、初代NA、2代目NB、3代目NCの延長線上ではなく、「人がクルマを楽しむ感覚="感"」の進化に徹底的にこだわり、その造り込みに注力しています。

ロードスターとしての普遍的な価値


  

「人馬一体」を手の内で楽しむ、圧倒的なコンパクトパッケージ

「人馬一体」を手の内で楽しむ、
圧倒的なコンパクトパッケージ

全長、全幅、ホイールベースがまったく同じのソフトトップとRF。
クルマの動きを手の内で操り、軽快に駆け抜ける感覚をまったく犠牲にしていません。

オープンエアーの「感」を造り込む

オープンエアの「感」を造り込む

オープンカーならではの開放感、
オープンカーならではの心地よさを表現するため、
構造から風や音の感じ方までを造り込みました。

独立したトランクがなければ、 ロードスターではない

独立したトランクがなければ、
ロードスターではない

2人分の荷物をしっかりと載せられること。
それは、「2シーターのオープンスポーツカー、マツダ ロードスター」
であるために、初代からの絶対にゆずれない価値なのです。

初代から27年間。
ロードスターとファンの皆様との特別な絆

世界中で愛されるライトウェイトスポーツカーへ。

累計生産100万台達成。

累計生産100万台達成。

デビュー以来、高い評価と支持を集める
2015年発売のND型(ソフトトップモデル)

2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞 2016 ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー受賞

2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞
2016 ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー受賞

2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念 イベントレポート

ロードスターの歴史に
新たに加わるロードスター RF

リトラクタブルハードトップモデル「マツダ ロードスター RF」/Mazda MX-5 RF

「ニューヨーク国際自動車ショー」の前日に行われたプレショーで世界初公開時の映像です。

Mazda MX-5 RF roof movement footage

ルーフの開閉の様子をご覧いただけます。

ロードスター/ロードスター RFや最新のマツダの情報を
SNSやブログでもご覧いただけます。