ドライバーはもちろん乗る人すべてを深いくつろぎで満たす、優れた機能性。

自然な姿勢で体をしっかり支えるシート構造や快適性能、さらに会話が弾む高い静粛性などを追求。
ドライバーはもちろん同乗者がどのシートに座ってもロングドライブを心から楽しめる、便利で快適な空間を目指しました。

3列シート空間に貫かれた、人間中心のつくり込み

サードシートを持つSUVとしてCX-8が目指したのは、乗る人が心身ともに実感できる走りの気持ちよさと上質な快適性です。
そのため、必要十分な室内の広さを確保するとともに、乗員の体をしっかりと支えながら無理のない自然な姿勢を保ちやすい構造と性能を、3列すべてのシートに求めました。
こうした人間中心の考え方によって、3列シートのどこに座ってもロングドライブを快適に楽しめる上質な室内空間を実現しています。

フロントシートからサードシートまで、全員で会話が弾む静かな空間

すべての乗員がなごやかに会話しながらドライブを楽しめる、静かで上質な室内環境を目指しました。そのため、路面からのノイズや風切り音の抑制に加え、室内で反射して乗員の耳に届くことで不快感が増すノイズや、雨粒がルーフにあたることで発生する騒音を低減させるよう、室内の要所に吸音材を、ルーフには塗布型制振材を採用。音の反響を抑え、人間が実感できる静かさのクオリティをより高めています。また、リフトゲートとラゲッジルーム周りの騒音をより効果的に抑制する工夫を取り入れて、サードシートの静粛性をさらに向上させました。お届けするのは、3列シートすべての乗員が普段の声で会話できる快適さです。

体幹をしっかり支えるフロントシート

背もたれにかかる体圧を広く分散できる構造を採用するとともに、背もたれの剛性を最適化し、腰椎(ようつい)支持性を向上させました。これによって体幹をしっかりと支えるシート性能を実現し、乗員の安心感と快適性を高めています。さらに、座面には人間が不快に感じる振動を遮断する性質を持ったウレタンを採用。より快適な座り心地を提供します。

体幹をしっかり支えるフロントシート

背もたれにかかる体圧を広く分散できる構造を採用するとともに、背もたれの剛性を最適化し、腰椎(ようつい)支持性を向上させました。これによって体幹をしっかりと支えるシート性能を実現し、乗員の安心感と快適性を高めています。さらに、座面には人間が不快に感じる振動を遮断する性質を持ったウレタンを採用。より快適な座り心地を提供します。

ベンチレーション(運転席&助手席/セカンドシート左右席)

レザーまたはナッパレザーのフロントシートには、乗員とシートの間の熱のこもりを吸い出し、暑い季節でも快適な運転環境を提供するベンチレーション機能を備えています。背もたれと座面の広範囲に吸い出し口を設けることで、局所的な冷えの防止にも注力しました。吸い出し風量は3段階で調節できます。
Exclusive Modeはセカンドシートにもベンチレーション機能を備えており、フロントシートと同等の快適性を提供します。

(標準装備:[運転席&助手席シートベンチレーション]25S L Package、25T L Package、25T Exclusive Mode、XD PROACTIVE S Package、XD L Package、XD Exclusive Mode
[セカンドシート ベンチレーション(左右席)]25T Exclusive Mode、XD Exclusive Mode)

ベンチレーション(運転席&助手席/セカンドシート左右席)

レザーまたはナッパレザーのフロントシートには、乗員とシートの間の熱のこもりを吸い出し、暑い季節でも快適な運転環境を提供するベンチレーション機能を備えています。背もたれと座面の広範囲に吸い出し口を設けることで、局所的な冷えの防止にも注力しました。吸い出し風量は3段階で調節できます。
Exclusive Modeはセカンドシートにもベンチレーション機能を備えており、フロントシートと同等の快適性を提供します。

(標準装備:[運転席&助手席シートベンチレーション]25S L Package、25T L Package、25T Exclusive Mode、XD PROACTIVE S Package、XD L Package、XD Exclusive Mode
[セカンドシート ベンチレーション(左右席)]25T Exclusive Mode、XD Exclusive Mode)

運転席10Wayパワーシート&ドライビングポジションメモリー機能(シート位置/アクティブ・ドライビング・ディスプレイ)/運転席&助手席シートヒーター

運転席10Wayパワーシートは、複数のシートポジションに加え、アクティブ・ドライビング・ディスプレイの設定を記憶できるメモリー機能を採用しています。いつも自分が使うキーに自分のポジションを記憶させておけば、解錠してドアを開けると自動的にそのポジションにセットされ、ドライバーごとのポジションが簡単に得られます。また、運転席&助手席シートヒーターが、寒い季節にもより快適な運転環境を提供します。

(標準装備:25Sを除く全車)

運転席10Wayパワーシート&ドライビングポジションメモリー機能(シート位置/アクティブ・ドライビング・ディスプレイ)/運転席&助手席シートヒーター

運転席10Wayパワーシートは、複数のシートポジションに加え、アクティブ・ドライビング・ディスプレイの設定を記憶できるメモリー機能を採用しています。いつも自分が使うキーに自分のポジションを記憶させておけば、解錠してドアを開けると自動的にそのポジションにセットされ、ドライバーごとのポジションが簡単に得られます。また、運転席&助手席シートヒーターが、寒い季節にもより快適な運転環境を提供します。

(標準装備:25Sを除く全車)

セカンドシートヒーター(左右席)

セカンドシートの左右席に、温度を3段階に調整できるシートヒーターを採用しました。Exclusive Modeでは大型アームレストに腕を置いた状態でも操作できるよう、セカンドシートコンソール前端にスイッチを配置。その他のグレードは、前席大型コンソールボックス後部にスイッチを配置しています。

(標準装備:25Sを除く全車)

Photo:(左)XD L Package(右)XD Exclusive Mode

Photo:(左)XD L Package(右)XD Exclusive Mode

助手席6Wayパワーシート

助手席6Wayパワーシート

助手席6Wayパワーシートは、リクライニング、シートスライド、シート高をスイッチ操作で調整できます。

(標準装備:25Sを除く全車)

  • 画像はExclusive Modeです。
  • 操作スイッチ部のサテンクローム加飾はL Package、Exclusive Modeに標準装備です。

助手席6Wayパワーシート

助手席6Wayパワーシートは、リクライニング、シートスライド、シート高をスイッチ操作で調整できます。

(標準装備:25Sを除く全車)

  • 画像はExclusive Modeです。
  • 操作スイッチ部のサテンクローム加飾はL Package、Exclusive Modeに標準装備です。

2列目パワーシート

セカンドシート 4Wayパワーシート

Exclusive Modeのセカンドシートには、リクライニングとシートスライドを電動で調整できる4Wayパワーシートを標準装備。さらに、スイッチを押すだけで自動でシートバックが前に倒れるとともにシートが前方にスライドするパワーウォークイン機構も備えています。

(標準装備:25T Exclusive Mode、XD Exclusive Mode)

セカンドシート 4Wayパワーシート

Exclusive Modeのセカンドシートには、リクライニングとシートスライドを電動で調整できる4Wayパワーシートを標準装備。さらに、スイッチを押すだけで自動でシートバックが前に倒れるとともにシートが前方にスライドするパワーウォークイン機構も備えています。

(標準装備:25T Exclusive Mode、XD Exclusive Mode)

高機能セカンドシートは快適な3タイプ

シーンを問わない優れた乗降性能

   

サードシートへの乗降もスムーズに

サードシートの乗員がセカンドシートの後ろから降りる場合もスムーズです。ドアの開口形状やロングスライドのセカンドシートウォークイン機能によって、人間の肩と腰がスムーズに通れる空間を確保。体をひねることなく頭をくぐらせるだけで乗り降りできる快適さを実現しました。また、センターウォークスルータイプのキャプテンシートでは、サードシートへの乗降の際に左右キャプテンシートの間を通ることもできます。

サードシートへの乗降もスムーズに

サードシートの乗員がセカンドシートの後ろから降りる場合もスムーズです。ドアの開口形状やロングスライドのセカンドシートウォークイン機能によって、人間の肩と腰がスムーズに通れる空間を確保。体をひねることなく頭をくぐらせるだけで乗り降りできる快適さを実現しました。また、センターウォークスルータイプのキャプテンシートでは、サードシートへの乗降の際に左右キャプテンシートの間を通ることもできます。

   

リアドアに工夫を凝らし、使い勝手も乗り降りも快適

リアドアの開度を最大80°と大きく設定しました。これによって、セカンドシートへの大きな荷物の積み込みも、チャイルドシートの操作もスムーズに快適に行えます。
また、リアドアの形状や開口部の形状のあり方を人間中心の設計思想で最適化し、ドアを大きく開けられない場所での乗り降りをより容易にしています。

リアドアに工夫を凝らし、使い勝手も乗り降りも快適

リアドアの開度を最大80°と大きく設定しました。これによって、セカンドシートへの大きな荷物の積み込みも、チャイルドシートの操作もスムーズに快適に行えます。
また、リアドアの形状や開口部の形状のあり方を人間中心の設計思想で最適化し、ドアを大きく開けられない場所での乗り降りをより容易にしています。

パワーウォークイン機構

Exclusive Modeグレードでは、シート座面横の先端部のスイッチまたはシートバック背面のスイッチを押すだけで、自動でシートバックが倒れるとともにシートが前方にスライドするパワーウォークイン機構を設定。再びスイッチを押すことでシートが着座可能な位置まで戻り乗降をサポートします。

(標準装備:25T Exclusive Mode、XD Exclusive Mode)

パワーウォークイン機構

Exclusive Modeグレードでは、シート座面横の先端部のスイッチまたはシートバック背面のスイッチを押すだけで、自動でシートバックが倒れるとともにシートが前方にスライドするパワーウォークイン機構を設定。再びスイッチを押すことでシートが着座可能な位置まで戻り乗降をサポートします。

(標準装備:25T Exclusive Mode、XD Exclusive Mode)

ワンタッチウォークイン機能

L Packageグレードの7人乗りベンチシートでは、従来のウォークインレバーのほかにボタン一つでウォークイン可能なワンタッチウォークインスイッチを設定。スイッチはリアドアを開けてすぐ手の届く低めの位置にレイアウトすることで、お子さまでも簡単にウォークイン操作が行えます。

(標準装備:25S L Package、25T L Package、XD L Package 各6:4分割ベンチシート(7人乗り))

ワンタッチウォークイン機能

L Packageグレードの7人乗りベンチシートでは、従来のウォークインレバーのほかにボタン一つでウォークイン可能なワンタッチウォークインスイッチを設定。スイッチはリアドアを開けてすぐ手の届く低めの位置にレイアウトすることで、お子さまでも簡単にウォークイン操作が行えます。

(標準装備:25S L Package、25T L Package、XD L Package 各6:4分割ベンチシート(7人乗り))

関連コンテンツ

  • 消費税率10%に基づく価格を表示しています。
  • 価格はメーカー希望小売価格(消費税10%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。 また、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要です。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • WLTCモードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。また、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
  • 自動車税(環境性能割)は、新車登録時の環境性能に応じて自家用登録車は、非課税または1%~3%課税されます(2021年3月31日まで)。ただし、2020年9月30日までに新車登録する場合、自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減されます。エコカー減税(環境対応車普及促進税制)は、新車登録時に重量税の軽減措置(2021年4月30日まで)が受けられます。グリーン化特例は、新車登録の翌年度に自動車税(種別割)の軽減措置(2021年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
  • 車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

2019年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について

  • 申請対象となる車両の初度登録期間:2019年1月1日~2020年2月21日
  • 申請書受付期間:2019年4月22日~2020年3月2日(必着)
  • 個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:
    1. 初度登録日が2019年1月1日~4月30日の間の車両の提出期限は、2019年6月30日まで(消印有効)。
    2. 初度登録日が2019年5月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。
  • 補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
  • 補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
  • 詳しくは営業スタッフにおたずねください。
TOP